【相場観】【本日の戦略】タイミング、下落幅によっては日経平均先物買いも視野

 

おはようございます。

本日の戦略です。

 

まずは、下げ幅によっては日経平均先物買いも視野に入れます。

人民元の切り下げによって、海外株が下げ、日経平均も下げている。

ドル円については円安方向で125円キープとなっていますが、下落方向となるでしょう。

下落幅によっては、日経平均先物買いで狙う手もありますから、日経平均先物買いを狙う方は注視したい相場となりそうです。

安定的な目安としては20400円~20200円の間があればというイメージではありますので、相当な下落があったときにのみ使えると思います。中途半端なところでやるべきではないでしょう。

 

さて、人民元切り下げにより何が起こるのかですが、

中国から見れば

・中国の輸出産業が活発化

・中国から見た上海株価対策の一環

・中国人民にとっては自国通貨安 輸入が厳しくなる

・不動産バブルを抑える対策の一環

 

・人民元安による貿易黒字拡大。ただし通貨安は資産の目減り、投資の目減りによるもろ刃の剣

 

と、なってきます。

 

 

どの程度まで数字に影響があるかというのは現状では難しいですが、

中国側も中国株安、中国経済の減退をただ見ているだけというわけにもいかないので、

こうして対策は順次打たれていくことでしょう。

 

確かに人民元安は中国への輸出企業からすると痛いですが、株というのは好材料でずっと上げ続けるものではなく、上げたり下げたりを繰り返すものですし、日本の現状、海外の現状を考えると一時的な下げはあれど次第にまた落ち着き、上昇へ転じるものと考えます。

 

個別ですが、

Aimingを1400円以下で再度仕込みましたが戻しました。悪い展開ではないと思います。

他の個別銘柄は昨日の下落傾向もあり冴えませんが、チャート的にも押し目になってきているものがおおく我慢のしどころ。

 

アイリッジ等IPOは、押し目を狙いにいきます。

 

それでは本日もよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ