【相場観】積極的介入はしませんが、日経平均先物をやる場合の考え方

 

日経平均先物の価格が20450円まで落ちています。

 

日経平均先物をやるならば

当サイトで狙いにいくならば20400 20100 19800 という段階的買いにいきます。

が。20400円を狙いにいくかは現在考え中です。

 

積極的にいくならば、今回の下げはそれほど大きなものではないと思いますので(そもそも中国の利下げは、いつかは行われるだろうと言われていましたので、折込済ではないが、サプライズではあるにしろ、暴落的サプライズではないと考えます)20500円以下での買いもありでしょう。

ただし逆張りというのは、チャート的には読みづらいので、リスクは高くなり、更に下落する可能性はあがります。

 

ただし、必ず段階的にやっていける資金を残した上での先物の考えです。

 

先物は個別銘柄に比べても、ラージ1枚で、日経平均が100円動けば10万の利益、損益が出ますので、ナンピンしていくと100円逆に動けば20万、30万が簡単に飛びます。

株式投資に比べても差益が多く発生しますので、きちんと考慮の上でやりましょう。

 

それを考慮し、下の方でも買えるようにした上であれば、20500円以下、数百円単位での買い下がりは面白い投資方法といえるでしょう。

 

基本的に7月28日の安値20070円、さらに20000円を割るという可能性は低いのでは?と現状考えております。

 

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ