【相場観】【日経平均先物取引】【新規仕掛け】日経平均先物買いのタイミングについて

 

日経平均先物買いのタイミングを考えます。

 

まず、本日の下げの大きな要因は中国市場の下げだといわれていますが、

実際に中国市場が下げているのは、 3,631.40 -116.76 ▼3.12% 

程度ということで、確かに3%は大きいですが、昨日の下げ+今日の下げによる、2日連続の効果でしょう。

 

8月は下げやすい相場というのは良く言われることであり、今年もアノマリー通りになりなかなか難しいのですが、

全体的な個別銘柄の業績から考えると押しどころは買い場となっており、日本側はそう悲観されるようなものではないと思います。

 

というわけで、余裕があるならばこの20200円~20300円あたりは先物買いとしてはいいポイントかと思います。

ただし、先物はラージ1本で、日経平均10円の動きで10000円が動きます。

もし押し目 20000円どころ、19700円、19400円どころが万が一あっても買い向かう動きにすると考えますので、リスクを考えるのであればもう一段、本日の夜間などにさらなる下げがある可能性を考えてぐっと我慢するのも手。

上げた場合はスルーする。

 

日経平均のチャートからすると微妙なところですが、夜間の動きも入っている日経平均先物のチャートで考えると、

 

8-19-2

上のチャートのように、75日平均線は保持されています。

ギリシャショックは例外として、底値では買われやすい日本株式ですから、ここから押し目は買いにいきたいとみております。

 

配信としては、今の時価である20280円で先物買い。

次に、19900円 で勝負。

ないと思いますが、19300円などという数字があればさらに積極的に買いにいくイメージです。

 

もし資金に余裕があるならば、20100円でも入れてもいいかもしれないですね。

大きく下げる場面があれば、ドテン買いになるべく買う体制ですが、値動き大きいので少な目で。資金力によってはミニで。

 

数としては、下げきると6個、7個になってしまいますので、資金計算はきちんとしておきましょう。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

8月20日17時半更新

 

19900円買いは一旦とめます。

20280円はそのままおいておくでよいですが、雰囲気、チャートの下がり具合、また、20000円で買いという、ここ数回の簡易的な考え方による買い方の多さ、などから逆に進む可能性あり。

 

19700円、19200円で買い向かうことにします。

 

もし資金余裕があるなら19450円、19900円を追加してもいいと思いますが、配信上は以上の通り。

 

現状政治的にも株価を大きく下げるわけにはいかないため、下値は限られますが、今回少し嫌なイメージがまだ付きまといますので、注意をしたうえで先物買いにいきます。

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ