【相場観】中国市場と日経平均と新興の動き

 

中国上海市場は、1.26%の下落。

小康状態は保っていると言えるでしょう。

 

相場つきが悪いことがあり、ナイーブな展開になっている日経平均は下落。

20000円にさしかかろうとしているところ。

20000円では日経平均先物を買いませんが、割れたところでは介入していくと面白いと思います。

 

http://fidelia.unifas.co.jp/market-view/8153/

こちらの予定で考えていますが、20280円は少し早かったかもしれないです。

チャートで反発ラインを立てましたが、陰線継続ということで、チャート的には19700円あたりあってもおかしくはないですね。

しかしながら下げたところは積極的に狙われると思います

 

 

マザーズはそう考えると持ちこたえているところか。

日経の下げに引きづられる形で下げつつありますが、チャート的には週足では戻りに入る前のところ。

日足ではどこまで下げるかわかりませんが、そろそろだと思います。

 

銘柄は面白いものがありますが、数が増えていますし、これ以上は増やさずに行く可能性が高いと思います。

週足での反発、BOXでの反発は確率は高いところですから、ここはチャートが壊れない銘柄に関しては、継続です。

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ