【相場観】日経平均急伸 戻りを試す展開に

日経平均は2万円を割るかというところまでいきましたが、その後戻りに入った。

現在20200円前後の勝負となっております。

 

特に理由はないと思いますが、

上海相場が前半はマイナスだったものの、現在ほぼプラマイゼロと落ち着いておりますし、

下値は買われやすいというのは以前から申し上げておりますし、

マイナス寄与している銘柄が持ち直し、ファーストリテイリングなどが上昇傾向にあることなどから。

 

マザーズは、日経平均の下落の雰囲気に比べて本日は落ち着いていたのですが、

全体相場の戻りとともに、上昇傾向。

現在こちらもほぼプラマイゼロの状態です。

 

それでも、マザーズのプラス寄与はmixiがおもたるところですし、

全体的に新興はまだまだ強い雰囲気はないのですが、

推奨銘柄などは徐々に息を吹き返してきそうな雰囲気が見えてきております。

 

新興銘柄の指標となるマザーズ指数は、ここ1年間のBOXの下限に今位置するところであり、ここからさらに売られた場合は厳しいですが、世界、日本情勢から察するとここは売りというよりもむしろ買い向かいたいところだと考えております。

 

そんな中で活躍していくことができるのでは?という銘柄を紹介しておりますので、ここから期待したいと思います。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ