【相場観】ダウ大幅下落ながら、日経平均は堅調 10時半からの中国の動きに注目

おはようございます。

中国の量的緩和を受けて、ダウが大きく上昇したが、引けにかけて

一方的な下落。

 

悲観的な相場が継続して起こっていることで、

厳しい難しい相場が継続中。

 

日経平均は、ファーストリテイリングなどによる下落が大きいが、他はさほどでもなく、

なんとか値は保っている。

本日の中国の動きは反発のきっかけになる可能性は高いと思われ、注目されます。

 

今の日経平均のチャートのように陽線引っ張ってくるようであれば、昨日、本日での底値が現実味となるため、

まずはそこに期待。

 

中国がなりふりかまわぬ対策に乗り出しているのは目に見えるため、どこまでも下げ続ける・・・ということはないと見ております(金融緩和=株高はこの数年のトレンドとなっております)

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ