【銘柄レビュー】【相場観】各銘柄レビュー それぞれ堅調な推移

 

外部環境が強いですし、指数も強いですから、それぞれ堅調な推移になるのは当然ですが、

相場の雰囲気は良くなってきたと思います。

 

二番底(日経平均で言えば、18000円~18500円あたり)はあるかもしれません。

 

こうした、一気に悪い相場が出たときには、これを回復、あるいは相場が落ち着くのに短期的には2~3週間程度、状況次第で3か月~半年程度かかる場合もあります。

 

2013年5月の下落のときには、6月~7月につけた安値まで、3か月ほどかかりました。

 

とはいっても、2012年~2013年に関してはずっと右肩上がりで上げ続けてきた相場の中での調整(発端は中国のPMI数値だったとの見方が多い)でした。

今の中国にも似ている形で、中国の指数が2000→5000とどんどん上がっていっていたのですが、日本も2012年末→2013年5月にかけて、7000円から15000円までさしたる調整もなく上げたわけですから、ひずみが起こっても致し方ないといえるでしょう。

 

今回はそうではなく、発端は中国からではありますが、日本はここのところ横展開でしたから、2013年5月ほどのインパクトのある下げには達しない・・・という予想をしております。

というわけで、18000円~500円ぐらいまでの調整があれば断固買いだと思っていますし、それもなく調整が終了する可能性もありますから、今持っている分を基本に、ダメなものだけ撤退していくイメージで考えています。その中で増やしていく銘柄もあると思います。

 

ちなみに、慎重派ならば2段底狙いですね。

その調整がなければないで、戦略を別途考えていけばいいと思います。

落ち着いた局面であればやれる銘柄はあります。

 

さて、銘柄レビューです。

 

ラクトジャパン(3139) 3139 株価と銘柄情報

1400円を挟んだ攻防。1400円で入り、1400円を割れる展開もあったものの、1430円あたりの居心地がよさそうです。

1300円割れになってしまうなど、変な動きにならなければ継続です。

 

GUnosy(6047) 6047 株価と銘柄情報

悪い材料といっていいのか微妙ですが、懸念されている模様。昨日、15%近い上昇となるなど、大きく上げましたから、その調整もあると思います。

 

クルーズ(2138) 2138 株価と銘柄情報

いい動きです。一番下値で買うことができたので当然ではありますが、まだまだ注目できると見ております。

 

カルナバイオ(4572) 4572 株価と銘柄情報

本日調整。この銘柄はもともと3000円どころが居心地がいい銘柄となりますので少しもみ合いとなるかもしれません。

 

エイティング(3785) 3785 株価と銘柄情報

こちらは下値固め。いいと思います。

 

アドバネクス(5998) 5998 株価と銘柄情報

下値で買った分も含めて、230円台での平均となりますが、いい上げ方になってきています。

継続でいいと思います。

 

アエリア(3758) 3758 株価と銘柄情報

1500円付近での買いですから、下値で買っている場合もあると思いますしプラス圏になっていると思います。

いい推移ですし、25日平均線も上にありここが抵抗となるか、支えとなるかといったところ。

雲は厚いが、うまくいけば1700円、800円は普通にあり得ると思います。

 

SHIFT(3697) 3697 株価と銘柄情報

1000円以下は普通に安いと思います。

が、再度仕込むならこの銘柄に限りませんが、慎重派は二番底狙いでしょう。

 

IPO銘柄

全体的にプラス圏ではあるものの若干のプラスが多い。

DIT(3916) 3916 株価と銘柄情報 とレントラックス(6045) 6045 株価と銘柄情報 が力強い展開です。

 

 

長期系についても、できれば下値は仕込みたいところでした。が、資金のこともありますし、そういうことにはしませんでしたが、今後の長期展望を考えるとこのまま継続したいところです。

トレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報 、シライ電子工業(6658) 6658 株価と銘柄情報 、駐車場研究所(3251) 3251 株価と銘柄情報 、川本産業(3604) 3604 株価と銘柄情報 など、早々と戻しつつあるものも出ております。

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ