【相場観】中国要因でプラス圏

中国証券監督管理委員会による報道。

 

異常な株価変動に対する措置を取るとのこと(どこでもいうことだと思いますが)。

 

サーキットブレーカー?

銘柄による、売買停止?

 

など。

 

上に関しては何も言わず継続でしょうが、下落の時にサーキットブレーカー発動はあるかもしれません。

 

なりふり構わぬ対策をするという意味で、中国が継続して対策を行う必要性があり、実際に行っていきますというポーズではある。

今株価が上がっていますし、多少は反応あるかもしれませんが、この材料のみで上、上はないでしょう(たとえば19000円方向、というような上昇はさすがに厳しい。しかし18000円はあるかもしれない。)。

 

しかし、上海株が落ち着けば他も落ち着く可能性が高いのは道理ですから、今はじたばたせず継続、二番底期待としたい。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ