【相場観】【本日の戦略】利上げ観測でダウ下落、しかし円相場は逆方向

 

おはようございます。

本日の戦略、相場観です。

 

考え方、流れは変更しません。

昨日、先物の利益確定に迷ったのですがせず、しかしながら外国、特にアメリカの弱さで下落となってしまいました。

判断に迷いがあったところでしたので、このあたり申し訳なく思っております。

先物で利益が出れば株のマイナスもかなり減らすことができますので、自分自身としてももっと勉強、利益の出る先物取引のご紹介に努めたいと思います。

 

二番底形成期待に変わり無し。

昨日の強さも1つの二番底形成期待の一つとみてとれます。

 

さて、昨日のダウは弱かった。

これは、米の雇用関係の指標が非常に良かったため、米が利上げに、早期に入るのではないかという観測が出たから。

通常は

利上げ=ドル高円安

 

と、なるのですが、最近の相場ではそうはいかない状態であり、ダウだけを見れば利上げ観測からの売りなのですが、

ドル円で見ると、その反応はおかしい、ということになってしまいます。

 

ここには新興国のお金など色々な側面があると見えますが・・・

 

やはり、日本に対する催促相場にも思えますね。

 

消費税増税があるだけに、2017年まで株価を上げる必要が基本にあるわけで、日本強し、を見せ続けれなければならない。

すでに消費税増税は決まったことではあるのですが、株価が下げ、経済停滞、しかし消費税はやる、ではおそらく国民も企業も納得しないでしょう。

 

よって、いずれは日本版経済対策も追加であると見て、

国際的に非常に厳しい材料がなければ、2番底形成期待で継続とみております。

 

売る可能性が高いのはアイリッジ。

こちらは明日の決算を持ち越す予定は無しです。

 

本日もよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ