【相場観】日銀会合は現状維持 予想通り、コンセンサス通り

日銀会合は現状維持 予想通り、コンセンサス通りとなりました。

 

コンセンサス通りとなれば、これは売り対象です。

ただし、さほど大きい売りに発展はしていませんが、それでもやはり、

前場に強かった相場は、押しのパターンとなっております。

 

今回は特に追加緩和に対する期待が、諸外国の弱さからかなり期待されていたこともあり、強かったと言えます。

コンセンサス通りでもかなり売り判断と言えるでしょう。

 

ただし、上値は重そうではありますが、それほど大きく下げることもないように思います。

次の確認はFOMC。これで利上げ9月、実施となればかなり不安要素となりえるため、注意が必要。

基本的には利上げ9月はないと見ておりますが、予想は難しいところですし、

FOMC内判断も拮抗しそうですから油断はしないようにしましょう。

 

新規はやはり特に無し、今夜も含めて、明日以降の動きを見極めていくことが必要だと思っております。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ