【相場観】【銘柄レビュー】基本的に輸出株等に売りが発生。全体相場は週末、休日前要因で弱い

 

FOMC通過。

しかし、ダウが上昇後下落、最終的に65ドルマイナス。

円高も嫌気され、相場はかなり弱い展開。

日経平均18000円がメドかとみていますが、思ったよりは弱いです。

 

全体相場は週末、休日前要因でこれも上値の重さにつながる。

今回はシルバーウィークで23日まで休みですから、単純に売りが多くなります。ポジション調整というものです。

 

このポジション調整は個人の売りが多い。

この5日間にダウなどが下げれば悪い展開になりますし逆にあげればいい展開になる。

日本側要因というよりも、海外要員と、あとは地政学的、災害的リスクが出るかどうかというものです。

それを懸念しての売りですが、

時間的要因以外では、理由なき売り、ということになりますので、思い切り下げてくるようならば今日は買い場だと思います。

ただし、上記に書いた内容については、リスクを負う必要がありますが、こういう場面で下げてくるところは買ってくるところも多い、むしろ実際に稼ぎにきている投資家は買っていたりします。

 

紹介しているのは、相場の流れ、10月後半まで本格的なIPOがありませんので、

全体的な指数が落ち着いていれば、IPOやマザーズ、JQに資金が向くのではと想定しています。

そのため、昨日、今日あたりで

アイリッジ DIT クルーズ STUDIOUS レントラックス と銘柄を増やしている、ということになります。

ラクト、土木、も押さば買いではないかと思っています。

 

難しい相場が続くのはその通りですが、なんとかここらを二番底にという印象で考えております。

(ダウは上髭つけたものの堅調です。スイング、週間的には今回の利上げをもって、若干は押したとしても好感されていくのではないかと予想しております)

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ