【相場観】相場は弱いが、堅調なものあり。継続路線

 

全体的には弱いのは仕方のないところ。

我慢が必要なのは仕方がないでしょう。

 

DITが3600円を越え、

ラクトジャパンが堅調、

全体的にIPOはこの日経平均の-400円クラスのマイナスとは縁がないといえるほど、堅調と言えるように思います。

マザーズも弱いですし、そうそうがつがつ売りを出してくるようなイメージにIPOがいないのは、印象としてはよい。

 

やはり自然と、IPOの資金が、既存IPOに向かっているので期待できるように思います。

 

当然のことながら、既存IPOと言えど、全てに資金が向くわけでない。

ベステラは売られ、アイビーシーは買われるといった展開。

どれに向くかというのはしっかり見ていく必要がありそうです。

 

簡単にレビューすると、

下値狙われそうなのは、ラクトジャパン、DIT、レントラックス、土木管理あたりか。

STUDIOUSも下値は支えられているように思います。

これらは全体相場が落ち着けばいい動きになるかもと思っています。

 

全体相場落ち着けばクルーズ(2138) 2138 株価と銘柄情報 も戻る気がしますし、アイリッジも同様。

ここは継続して、全体的にも我慢で見ております。

 

特に特筆すべき書くこともないのですが、明日は権利付き最終日ですから、それだけは留意するようにしましょう。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ