【相場観】夜間取引下落から、ダウの戻りにより日経平均先物にも戻り イエレン氏発言

 

イエレンFRB議長が表明。

年内利上げ適切と発言しています。そのことにより、円安方向へ。

一時119円前半もあったのですが、不透明感が払拭されたことで戻りを試す展開となっています。

 

非常に難解な状態であり、利上げが早くても新興国からの資金引き上げ懸念で円高、利上げが遅くても単純に米国利上げが遅くなることで円高、と、

ドル円にはいいところがなかったのですが、やはりいま懸念されているのは、中国、VWの件もそうですが、世界経済の不安定さがものをいう展開といえるでしょう。

 

今日は戻りをどこまで試すかに注目。

先物の価格で17500円をつけていますし、8月~9月で綺麗な逆三尊型を形成してきているようにも見えます。

先物のチャートでみるとどちらかというとトリプルボトム的ではありますが、戻りを試すチャートとしては十分と言えるでしょう。

 

個別は、まちまちですがDIT、土木、などしっかりと反発で始まりそうですし、悪い展開にはならないのではと思います。

 

なお、権利付き最終日が本日です。

配当、優待など必要ない方は本日は持ち越しなしにしましょう(銘柄によっては下げずの展開になる場合もありますのでケースバイケースではありますが)

 

それでは今週は今日で終了ですが、本日もよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ