【相場観】今週の戦略 配当落ち、チャートの考え方、10月、11月に向けた仕込等

おはようございます。

 

配当落ちは110円程度です。

よって、先物価格で100円程度シンプルに下げますが、それでプラマイゼロと言えます。

さほど持ち株には影響ないといえるでしょう。

 

VWの問題等、次から次へと世界経済に対する問題点が出てきており、相場としては厳しいですが、この9月後半、10月中旬~下旬は予想ではIPOなど個別が元気であろうという予想をしております。

その一端はすでに見え始めており、

クルーズ(2138) 2138 株価と銘柄情報

ラクトジャパン(3139) 3139 株価と銘柄情報 →これはTPP関連、株式新聞に掲載されたことにより強くなった

DIT(3916) 3916 株価と銘柄情報

STUDIOUS(3415) 3415 株価と銘柄情報

 

などの好調さから見えてきております。

ベステラやアイビーシーが落ち着いてきていますし、徐々に資金のシフトもあるでしょう。

 

 

チャートとしてはきれいに逆三尊を引いてきていますし、反発を試しそうなところ。

上げる要因となったのは、安倍総理と黒田総裁の会談がきっかけ。

緩和姿勢は継続、どこかで追加緩和はあると見ます。

短期~中期的には買い目線とします。

 

面白いものがあればもちろん紹介してまいります。

それでは今週もよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ