【相場観】地盤関連が高い。横浜のマンションの建て替え問題から地盤管理関連に資金

 

タイトル通りですが、有料会員様に紹介をするか迷っていた銘柄が、

土木管理(6171) 6171 株価と銘柄情報

 

無料会員登録銘柄で先週末に出していたのですが、大きく上昇してしまいました。

素直に出しておけばよかったと反省しております。

 

地盤関連銘柄が上昇しているのは、災害続きであることもですが、マンション建て替え問題で、地盤の管理、施策の仕事が、

三井住友建設(1821) 1821 株価と銘柄情報 や旭化成(3407) 3407 株価と銘柄情報 などからほかの会社に回る可能性、

さらに、実際に施工する際に、今まで以上に管理、作業を綿密、かつ正確に、を求められることで、そういった会社への需要が高まる可能性などが上げられるでしょう。

 

細かいことはさておき、株式投資で上げる下げるというのは、思惑がかなりの部分を占めますので、運も味方についたのが土木管理と言えます。

この動きになる前に10月14日に上髭とはいえ上げていましたから、これを上手く察知しておけば、チャートからはシンプルに買いだったのですが、ラクトジャパン等を紹介していたので見送ってしまいました。

申し訳ありません。

次の銘柄をがんばって探してまいります。

 

個別については様子見。

継続は田中化学研究所(4080) 4080 株価と銘柄情報 とラクトジャパン(3139) 3139 株価と銘柄情報

イー・ガーディアン(6050)と日本エマージェンシーアシスタンス(6063) 6063 株価と銘柄情報 が面白いと見ていますが、推奨するかはわかりません。

 

中国は、GDP上昇が年7%以下となりました(6.9%)

しかしこれは想定内と市場は見ているため、反応は薄い。

二番底期待に変更は特になく、戦略も変更無し。

個別新規銘柄は、上の2つの銘柄のように、いくつかピックアップしていますが、まだ紹介するかどうかはわかりません。

(悪い銘柄ではないので、ロスカット値を決めてご自身でやるのはアリだと思います。)

他にも新規など探しておりますので、新規銘柄に期待されている方はお待ちくださいませ。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ