【IPO】【相場観】動きはまちまち。本日初値のパートナーエージェントは初値買いはスルーしましたが、正解でした。

昨日までのIPOの盛り上がりに比べれば、本日のIPOは全体として弱い。

ベステラやPCIHD、FFRI、AppBankなど総じて弱い。

さすがに盛り上げてきたIPOも疲れが見えたイメージです。

 

さて、本日初値がつきましたパートナーエージェント。

この銘柄は、初値での投資はスルー。買い推奨はしませんでした。

結果は見ての通りで、3500円以下まで下げています。

 

そもそも、人気のある業態でないためGMOメディアのような動きにはなりづらく、

VCもあり、

上値は重たそうであり、

それにも関わらず初値は4000円という高値をつけてきた。

 

実質この銘柄が安値で、買いたい水準の初値となると、2000円台だと考えておりましたが、実際に下落してきました。

 

IPOの初値投資は、要は 人気度と実際の株価の駆け引きですから、安く寄り付けば買いですし、高く寄り付けば、スルー。

高く寄り付いてもさらに上に行く可能性ももちろんあるのですが(GMOメディアはその例)、高いものを買って、さらに高くなるのを待つ投資というのはリスクが非常に高いので、ベステラやAppBankのように、安く寄り付いたものを積極的にやる、他はやらないか、割安水準まで株価が下げたときのみやる・・・この投資方法が、当サイトのIPO投資方法であります。

 

そのかわり、スルーが多くなりますので、投資の機会は決して多いとは言えないかもしれませんが、リスクは少ないといえるでしょう。

 

特にIPOなどの、リスクが高めのやり方には、無理は禁物。

資金は増やすのは難しいが、減らすのはそれほど難しくはありません。一般的心理に乗っかればマイナスになる可能性が高いですので、逆をいく、あるいは分析をしっかりする、ことが肝要と言えます。

 

次の上場は、バルニバービですが、本日夜かどうかというところ。

判断は難しい銘柄となりそうです。

パートナーエージェントに比べれば、鳥貴族(3193) 3193 株価と銘柄情報 等飲食関連のIPOの成功は記憶に新しいところですし、期待できそうではありますね。

 

今後も頑張って分析、推奨してまいりますので、応援のほどよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ