【相場観】【IPO】【銘柄レビュー】日銀会合 現状位置措置が多数(8対1)で現状維持決定 相場観 今週~来週にかけて

 

日銀会合 現状維持。

 

大方の予想通りで、コンセンサス通りだったのかというところ。

ここのところ、株価が堅調であるため、敢えてここでやる必要もなかったというところです。

 

市場も、冷静だったと言えましょう。ほぼ19000円奪還、というところです。

 

さて、銘柄数を若干減らしていますが・・・

またスイングや短期銘柄を探していこうと思うのですが、ブランジスタ以外のIPOが非常に弱い。

 

次のIPOは郵政系で、これらの銘柄にIPOの短期資金が集まる・・・といったことはたぶんないでしょう。

また、そのIPOの至近で郵政がガッツリとあがる・・・といった期待も薄いでしょう。

 

郵政の後は、11月19日から始まる、12月に向けてのIPOですから、

ここまではIPO資金というのはくすぶるわけで、バルニ、パートナー、AppBank、GMOメディア、IBC、ベステラあたりがかなりしっかりと押すような場面があれば、積極的に行くかもしれません。ただリスクは高く、逆張りになるためナンピンしながら・・・ということも考えなければならない投資方法になるかもしれず。

上昇トレンドで投資するより逆張りの方がはるかに難しいですから(しかし個人投資家は逆張りが好きであることが多い)、そのリスクも負いつつ、やるかやらないか考えて行きたいと思います。

 

材料の出たブランジスタはともかくとして、

パートナーA、バルニバービーなどは高い。

少し人気が衰えただけでこの弱さ。

 

この2銘柄は、それぞれパートナーAならば2000円前半、バルニバービーならば3000円前半あたりが、基本的な株価位置と考えています(特に、初値という意味でそれぐらいが妥当)

その妥当的数値も加味しながら、やるかやらないか考えて行きます。

 

日経平均が堅調で強いが、

この資金はどうも先物主導と日経平均寄与銘柄に集まっているようで、個別には資金が入っているように見えません。

また、このあたりを上げることで、郵政IPOの成功に向けて動いているようですが、個人が投資するのが好きな銘柄は利確がしっかりと入っています。

 

この週末で、利確された銘柄の押し目を狙うのか、郵政IPOから先物をにらんでの買いにするのか、等戦略を立てます。

今日は無理せず、今紹介している銘柄を見ておく感じでいいのではと思っております。

 

【長期銘柄】

ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報  

さいか屋(8254) 8254 株価と銘柄情報

トレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報

エイシアンスター(8946) 8946 株価と銘柄情報

シライ電子(6658) 6658 株価と銘柄情報

 

これらは継続

特に、今安くなりつつある、トレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報 等、長期路線ではあるがじっくり狙えるのではとみております。

 

短期~スイング銘柄は現状無し。

しかし、たとえば、STUDIOUS(3415) 3415 株価と銘柄情報 の3000円どころは面白いと見ておりますが、まずは週末の海外の動きを見て、来週INできる銘柄をチョイスしていきます。

決算期となりますので、決算リスクも踏まえて、決算前期待銘柄をチョイスするなども含め、考えていきます。

 

長くなりましたが、総括すると、

 

・本日はスルーして、来週に個別をやるように、つなげていきます。

・IPOは押し目を探しにかかります。

・スイング~短期銘柄は決算期が近づくのでリスクが出てくる

・決算前期待銘柄をやる、決算が近くない銘柄をやる、などします。

 

状況次第では、本日一度切りましたレントラックスや、REMIXなどを再度推奨するかもしれません。

 

本日はあまりさしたる内容がありませんが、今日はスルーする理由や、来週に向けて考えている戦略を述べてみました。

どうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ