【相場観】【本日の戦略】SQ週の水曜日 ダウが下落、中国懸念。外部環境はマイナス要因続く

おはようございます。

本日もよろしくお願いいたします。

 

タイトル通りで、ダウが下落。中国懸念の再燃。

あまりよろしくない環境ですが、調整もほしいところでしたし、中国懸念は再燃ということで前回のような下げにはいたらないと考えております。

ここ以上押したら買いに向かいたいところであるとも言えましょう。

 

状況次第では買い向かう方針を提出したいと思います。

 

IPOは本日上場がラクス(3923) 3923 株価と銘柄情報

まだ8時半ごろの段階なので何とも言えませんが、すでの寄り前の状態で3000円。

人気化しそうな銘柄ではありますが、やはり高い。

また、鎌倉新書についてもまた強かったのが下落しており・・・あまり上値をどんどん追うようなIPOがありません。

安く寄り付くならばそういったことがあるかもしれませんが、ラクスに関しては2000円以下で寄り付けば積極的、2500円でぎりぎりといったイメージです(公開価格1080円)

 

というわけで、リスク管理から考えると、今回のIPOもスルーとなる可能性が高いです。

 

戦略としては、いい押し目があれば狙いに行く。

一段安があれば買いにいくイメージ。

19000円近くがあれば先物にも手を出す紹介をするかもしれません。

そういった場合下ひげつけに行き、一瞬で戻す可能性もありますから、ナンピンの可能性もあることを視野に入れながらではありますが、

19000円~19100円あたりで先物を指しておくのもありでしょう。

 

まずは寄り後の動向を見て行きたいと思います。

 

それでは本日もどうぞ宜しくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ