【相場観】海外株高、円安、指数に振らされるが個別に資金は流入しづらい

おはようございます。

現在は指数(日経平均)に振らされる環境となっています。
指数のボラティリティが高く、しかしながら個別はボラが低い、またIPOに資金が入りづらく、やりにくい状況となっております。

正直なところ、読みが効き辛く、チャートも指標に加えづらく、指数に連動する銘柄はいいのですがそうでない銘柄は見放されている環境ですので、やれる銘柄が少ない。

12月のこの時期は、強いことが多いのですが、今年の場合個別が圧倒的に弱い状態であり、戦略に苦労しているといっても過言ではありません。

1月からは、どちらかというとアメリカの利上げによる懸念点が台頭することにより、上値は抑制されがちとなりそうであります。

日本の追加緩和についても、次の追加緩和に関しては最後の手段にも近いところがあるため慎重になっているでしょうから、これを動かしてくるのかどうかも踏まえながら、下落傾向の可能性が高いことを踏まえたうえで、VIX短先物(1552) 1552 株価と銘柄情報 を狙ってみたいところ。

このVIX短先物(1552) 1552 株価と銘柄情報 については、日経平均というよりは、世界的景気の安定・不安定を用いての指数ですし、かなりボラティリティが高いものになります。
ここ数年の状況を見て頂くとわかると思いますが、例えば日経平均15000円時点でのVIX短先物(1552) 1552 株価と銘柄情報 の指数は、1000~2000程度となっております。
ここから日経平均が例えば23000円、25000円をつけるような相場になるのであれば、長期的視野での判断のミスということで恐怖指数も下がっていきますが、日経平均が10000円以下の時等の恐怖指数は高値では17900の数値となっています。
など、非常に夢のある指数であり、利上げ、その他もろもろの懸念が台頭してきつつある現在を考えると、ここからのVIX短先物(1552) 1552 株価と銘柄情報 指数の押し目はねらい目だと思っております。
ちなみに本日はやすくなりそうです。

 

等、長期的目線ではタイミング良く、このあたりを攻めることを意識したうえで、個別銘柄も調査を進めているところです。

今週積極的に出すかというと微妙なところではありますが、戦略を若干変えていきますし、IPOについても限定的に攻めますので、いちごホテルなど堅い銘柄を紹介できればと考えております(マザーズ銘柄、人気系で高騰したものは軒並みダメですので、基本はチョイスしない・・・といいつつ、安く初値をつけるならやります)

 

何か面白いもの、情報等あればご紹介していきますので、よろしくお願いいたします。

 

それでは本日もよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ