【2020.3.10本日の注目株/推奨株】<本日の投資戦略コメント追記>

お疲れ様です。

 

久々の2000ドル超下落の米ダウ下落で話題となっています。

毎日激しいクラッシュ相場ですが、下落ポジションのみの推奨となっているので、

かなり爆利でどうすれば良いか?の相談が増えています。

感覚的に、昨日のサウジアラビアの増産による原油相場10ドル台への下落=米売りサイン(仕掛けっぽい国策)

昨晩の米ダウ前に石油関連の偽情報(完全に仕掛け)から、

史上初の米ダウ市場でサーキットブレーカー発動による売買停止によるパニック売り。

また、日経平均のボリンジャーバンド-3σの数値を見た場合、

そろそろ反発あってもおかしくない水準まで下落したとも判断できます。

<ボリンジャーバンド-3σ>
月足:18270円
週足:18815円

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

ちなみに、昨日夜間の上値・下値抵抗帯は以下の通り。

<昨日夜間の日経平均先物>

下値抵抗線:18500円(一番底)、18650円(二番底)、現在の下値抵抗線18800円(割れると売りサイン)

上値抵抗線(目安):19300円~19400円、19500円~19600円、20500円

ここから短期リバウンドある予想も、戻りは19300円~19600円までと予想。

19600円を超えると20000円の復活も見えて来ますが、難しいとみてます。

よって、本日もリバウンドの価格が下げ止まった所は再度売りが正解とみます!

SQ週より行く所まで行く特性のある相場的には、まだ底入れしたとは言い切れず、

このまま将来に起こり得る経済麻痺/停止を折り込んで行く売り仕掛けが続く場合は、

更なる下値の覚悟も必要かと思われます。

ボリンジャーバンドの確率論のみで考えた場合は、目先反発しやすい状況と言えます。

あくまで短期(半日~数日)レベルのリバウンド。

また、債権崩壊が裏で止まらなくなっている状況が既に起こっていたり、

3.11に何か仕組まれてるなど色んな憶測で相場は動く為、容易に買いは手出し無用な所です。

「相場は相場に聞け」の格言通り、チャートの売買シグナルが正解と言えます。

本日は、売りポジションを少し利食いして軽くしておいて、臨機応変に対処できるようにするのが得策な場面かと思います。

ちなみに、先物・オプションなどの相談が増えてますが、ここまで落ちた時はオプション・プットは利食い時です。

この下落相場をずっと持ってるだけで、数百倍以上にはなってると思いますが、

権利確定日が近づくにつれ、例えば10000円のプットなど有り得ない価格帯のプレミアム(価格)は0に近づいて行くので、下落中や上昇リバウンド入りそうな時に利食いするのが基本です。

 

 

【2020.3.10本日の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ