【IPO】2/23上場のユナイテッド&コレクティブ(3557)初値予想と銘柄評価。初値株価に投資妙味はあるか?

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

2/23上場のIPO銘柄ユナイテッド&コレクティブ(3557) 3557 株価と銘柄情報 を紹介します。

銘柄情報

◆会社名: ユナイテッド&コレクティブ(3557) 3557 株価と銘柄情報
◆事業内容:東京23区を中心に、鶏料理居酒屋「てけてけ」、和食「心」、
ハンバーガーカフェ「the 3rd Burger」を直営方式で運営
◆関連セクター: 小売業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・串カツ田中(3547:マザーズ)予想30.09
・マルシェ(7524:東証1部)予想175.95

◆公開価格 想定発行価格1400円 時価総額はOA含め、4.1億円程度 
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し。
◆大株主 パトリック&カンパニー(株)などの企業他は、ほぼ会社関係者。
◆ロックアップ 株主によって180日間
◆上場市場:東証マザーズ
◆PER:42.3倍

 

スケジュール

抽選申込期間 2月8日(水)~2月14日(火)
当選発表日 2月15日(水)
購入申込期間 2月16日(木)~2月21日(火)
上場日 2月23日(木)

所見

この会社は、東京23区を中心とした首都圏において飲食事業を行っています。
居酒屋業態として、鶏料理居酒屋「てけてけ」及び、創業ブランドである和食「心」、ファーストフード業態としてハンバーガーカフェ「the 3rd Burger」の3ブランドを直営方式にて店舗展開しています。

ここは、「ISP(In Store Preparation)」(※ISP)を戦略の根幹とした事業展開を行っています。
※ISP…各店舗で食材加工度を高く維持しながら多店舗展開する戦略のこと。

ISP戦略の取り組みとして、
第一に、商品数を絞り込むことで調理の合理化を図ります。また、同一食材の同一調理過程から複数メニューを作ります。
第二に、生産性の向上、品質均一化及び作業効率化のために、一部の仕込み作業を機械で行う「作業の機械化・自動化」を推進しています。
第三に、「精緻な教育制度・免許制度」を導入しています。品質向上のために各種マニュアルを充実させて、動画等でキメ細かく解説することで、目で見て正しく覚える体制を構築しています。
また、社内免許制度を導入しており、高品質なビール提供のための「ビアマイスター制度」・主力商品の品質安定のための「焼き師制度」等があります。
第四に、「直営出店主義」を貫いており、直営出店とすることで、全店舗へ当社の理念や戦略等の浸透を高めます。
第五に、「ドミナント出店」に積極的です。出店エリアを絞ったドミナント展開により、店舗マネジメントを容易にして直営経営の効率を高めています。
また、店舗間の人材・食材の相互協力により、効率化を図っています。

居酒屋形態の「てけてけ」では、高度成長期をコンセプトにした店内で、新鮮な鶏肉をこだわりの「にんにく醤油ダレ」で焼き上げる焼き鶏や、当社オリジナルの濃厚コラーゲンスープを使った「博多水炊き」などの鶏料理を中心とした居酒屋です。鮮度にこだわり、店内で仕込み作業・調理を行い、料理を提供しています。
食材戦略としては、問屋を通さず、養鶏場から店舗までの物流を効率化することにより、低価格で鮮度の高い商品の提供に努めています。

「心」では、奇をてらわず、良質な食材を日本全国から仕入れ、海鮮料理を中心とした骨太な和食を提供しています。また、和食に合う日本酒も各地から厳選し、本数限定で取り寄せて提供しています。2016年12月31日現在で2店舗があります。

ファーストフード業態では、「the 3rd Burger」を展開しています。
毎日食べても体が喜ぶ、これまでにない“第3のハンバーガーカフェ”をコンセプトとしています。
バンズは、保存剤・防腐剤を加えることなく、パン種を毎日各店舗で発酵させ、オーブンで焼き上げています。
パティは、生のブロック肉を毎日各店舗でカットしミンチにしており、ミンチした肉は1つ1つ丁寧に成形し、味付けも塩コショウでシンプルに仕上げています。
これらのこだわりを特徴としたハンバーガー類や、各種スムージなどオリジナリティのある健康志向の商品を提供しています。2016年12月31日現在で4店舗があります。

 

業績・財務

ここからは、業績・財務面を見てみます。
売上高、経常・純利益の何れにおいても綺麗な右肩上がりを形成しています。
自己資本比率は16.6%、営業キャッシュフローと現金同等物はプラスとなっています。

 

まとめ

このIPOは、公開株数が少なくて、大株主に対してもロックアップがしっかりかかっている為、需給面では初値高騰しやすい案件ではないかと思います。
飲食業ですが、前の串カツ田中のように意外な上昇を続けていく可能性も考えられるので、積極的に申し込みをしたいところです。

数字としては、初値は2000円を超えてくる可能性が高いのではないかと見ています。よって、ブックビルディングでの仕入れは十分価値がありそう。

初値投資に関しては状況次第、当日次第といえましょう。

 

当日の値動きによってINするかどうかなどについては、会員様へのサービスとさせていただきたいと思います。

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読

※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ