【IPO】3/9上場ピーバンドットコム(3559)初値予想と銘柄評価。初値株価に投資妙味はあるか?

3/9上場のIPO銘柄ピーバンドットコム(3559) 3559 株価と銘柄情報 を紹介します。

銘柄情報

◆会社名: ピーバンドットコム(3559) 3559 株価と銘柄情報
◆事業内容:プリント基板のEコマース事業の運営
◆関連セクター: 卸売業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・MonotaRO(3064:東証1部)予想49.36
・トラスコ中山(9830:東証1部)予想18.53

◆公開価格 想定発行価格1550円 時価総額はOA含め、13.3億円程度 
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し。
◆大株主 (株)インフローの他は、会社関係者。
◆ロックアップ 株主によって90日間と1.5倍、90日間のみ
◆上場市場:東証マザーズ
◆PER:55.1倍

IPOスケジュール

抽選申込期間 2月21日(火)~2月27日(月)
当選発表日 2月28日(火)
購入申込期間 3月2日(木)~3月7日(火)
上場日 3月9日(木)

所見

ここは、Eコマース(インターネットを基盤とした流通)を利用した通信販売によって、あらゆる電子機器に使用される主要部品の一つであるプリント基板を、国内の製造業を中心とした顧客に対して販売している会社です。

ピーバンドットコムが扱うプリント基板とは、自動車、テレビ、スマートフォン、医療機器など、あらゆる“電子機器”に使われる主要な部品です。
創業当初は、製品開発の工程の中でも一部にあたるプリント基板製造の市場に対してビジネス展開を行っていました。
現在では、基板を製造するためのデータの設計や、完成した基板への部品の実装、電子機器などを収めるケース(筐体:きょうたい)の製造等、基板製造の前後の工程においてもサービスを展開しており、製品開発の上流から下流まで、幅広いサポートを行っています。

プリント基板のEコマースである「P板.com」では、顧客がピーバンドットコムWebサイト上で注文したい基板の仕様を選択すると、国内又は海外の提携仕入先の中から最適な価格・納期・品質で製造できる工場が自動選定され、4つの納期のコースに合わせた見積金額が提示されます。
顧客は提示された見積・納期の中から選択し、プリント基板を注文することができます。

ピーバンドットコムでは、注文時に顧客から提示された基板の設計図をカスタマーサポート部にて確認した後、ただちに、見積時に選定された提携仕入先へシステム上より発注を行う仕組みとなっています。
工場では、通常2、3日以内に製造が完了し、国内では工場からの直送により、海外からは一度国内の物流拠点を経由した上で、顧客の手元に届けられます。

この会社の特徴として、「※異種面付工法」により、イニシャル費用を大幅に効率化した上で、基板製造費用に全てを含めた料金体系を提示し、当時の一般的なプリント基板製造の相場から大幅に安く提供を行うことで、実績を拡大してきました。
※異種面付工法…定格サイズ(4~5m四方)の材料で一種類の基板のみを製造する従来の方法に対し、複数種類の基板を共に製造する工法。材料を余すこと無く使用でき、試作等で少量の基板が必要な場合に有用。

この他に、エンジニアに向けた技術情報サイト「@ele(アットマーク・エレ)」の運営や、エンジニアの登竜門「GUGEN(ぐげん)コンテスト」の運営なども行っております。

現在は、電子機器の主要部品であるプリント基板の取扱いを中心として事業を展開していますが、製品開発の初期段階であるアイデア(構想)から、市場への製品リリースまで、全ての工程に対してのサポートを行っていく方針とのことです。

 

業績・財務面

ここからは、業績・財務面を見てみます。
売上高はきれいな右肩上がりで推移しております。経常・純利益では、年度ごとにバラツキがありますが、直近は急上昇してきています。
自己資本比率は39.9%、営業キャッシュフローと現金同等物はいずれもプラスを維持しており、財務面での心配はないでしょう。

 

まとめ

比較的、業績は順調に推移しており、プリント基板のECを取り扱うという珍しい業態かと思われます。
また、公開株数が少なく、大株主にVCが無く、主要株主にロックアップがしっかりかかっている為、需給面では初値形成後の株価上昇が見込まれる案件ではないかと思います。
また、初値が上がりやすいSBI証券が主幹事という事も有り、IPOとしては面白そうな案件ではないかと思います。ここは、積極的に申し込んで良いのではないでしょうか。

プリント基板のEコマース事業の運営は若干マニアックではありますが、小型気味の案件でマザーズ、事業にニッチ性あり、ということで、ネット関連とは違いますが初値はそれなりになってもおかしくない。

1800円~2100円あたりの初値に期待したいと思います。

初値をつけたあとの投資については、会員様へご紹介させていただこうと思います。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ