【IPO】明日のIPO ジェイテックコーポレーション(3446)に初値投資妙味があるか?

後場もお疲れ様です。

明日のIPO、ジェイテックコーポレーション(3446) 3446 株価と銘柄情報 の情報です。

 

全体的に見ると、

銘柄のサイズ的にはマザーズとしては重たい。

売り上げも少なく、PERも割高。

 

社長の持ち分は多いが、株主にVCがあるのも需給悪化要因となりえる。

 

ただし、企業の事業内容にかなり妙味がある。

大型放射光施設で使われるX線ナノ集光ミラーの開発・製造・販売、各種自動細胞培養装置などの開発・販売

ということで、最新技術であり、非常に投資家に好まれそうな業態。

 

しかもここ最近注目されている技術のようです。

物理・化学・生物などの基礎科学研究分野や、医学・医薬品設計・材料評価などの応用分野。

産業分野においても放射光の利用が増えているとのこと。

それにより、同社のX線ナノ集光ミラーの需要が増えています。

 

同社売り上げとしては、表面の歪みが1ナノm以下の高精度ミラーで、売上高の9割。

これは、新素材の開発や医学研究のため、物質の構造分析を行う放射光施設で利用されているそうです。日本の大型施設「SPring―8」にも納入。

 

世界で、放射光施設の建設が相次いでいるのが追い風で、日本だけでなく世界を相手に仕事をしていく方向性か。
 

 

具体的にはこちらを参考にしていただくと良いと思います。(http://www.spring8.or.jp/ja/about_us/whats_sr/utilization_sr/

 

規模としては、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額122.0億円、吸収金額25.0億円)です。

会社規模からすると、大型と言わざるを得ないように思いますが、会社規模でどこまで伸びるかが焦点。

 

想定価格2170円。想定価格条件で、PER93.86倍、PBR7.75倍

株価予想としては4000円付近。

 

もちろんIPOの初値投資はリスク高いですが4000円以下ならば十分妙味ありで、銘柄の業態などに投資家の興味が持たれるようであると、10000円方向もありえると思います。ただしPERなど指標は高いので、完全にリスク高系列の銘柄です。

 

当日の情勢を見て判断していきますが、ある程度の初値の高値までは織り込んで、リスクを取れる場合は狙ってみるのはありの銘柄だと思います。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ