【IPO】6月19日上場メルカリ(4385)の情報について 注目度の高い当銘柄はどうなる? 初値予想と初値投資妙味は?

【IPO】メルカリ(4385:東証マザーズ)

今回は6/19に上場するIPO銘柄を紹介します。

銘柄

◆会社名 :メルカリ(4385:東証マザーズ)
◆事業内容 :
CtoCマーケットプレイス「メルカリ」、その他のマーケットプレイス関連事業の開発・運営等
◆関連セクター :情報・通信業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・楽天(4755:東証1部) 予想PER 13.21
※CtoCマーケットプレイス「ラクマ」を運営

・カカクコム(2371:東証1部) 予想PER 29.51
※CtoCマーケットプレイス「フリマノ」を運営

・GMOペパボ(3633:JASDAQ) 予想PER 37.15
※ハンドメード作品に特化したCtoCマーケットプレイス「ミンネ」を運営

・スタートトゥデイ(3092:東証1部) 予想PER 42.76
※衣類品ネット通販「ZOZOTOWN」を運営

◆公開価格 :想定発行価格 2,450円 時価総額はOA含め、3730億円程度
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 :有り。グローバル・ブレイン、グロービスなど
◆大株主 :ユナイテッド(株)などの企業の他、会社関係者など。
◆ロックアップ :株主によって180日間
◆上場市場 :東証マザーズ
◆PER :約 – 倍
◆主幹事 :大和証券

所見

CtoC(個人間取引)マーケットプレイス「メルカリ」の開発運営を手がけている企業です。
日本で数少ないユニコーン企業と呼ばれる企業の1つで、近年急速に普及したスマートフォン向けフリーマーケットアプリの大手です。
また、メルカリの姉妹サービスとして本・CD・DVDに特化した「KAURU」、ブランド査定が可能な「MAISONZ」なども提供しています。

メルカリは2013年に創業し、現在では毎月の取引高は300億円超、出品される商品も100万品を超えるそうです。ダウンロード数は海外を含めると累計1億件を超えており、非常に認知度の高いサービスとなりました。

このスマホ向けフリマアプリ市場は激戦区でもあり、楽天やカカクコム、スタートトゥデイなど大手企業も参戦しているセクターではありますが、この知名度の高さ、利用者の多さ、取り扱い商品の多さは大きなアドバンテージとなっていると考えられます。

また、メルカリは海外展開にも早くから力を入れており、アプリのダウンロード数も好調に伸びているため、こちらの今後の伸びにも期待ができます。

一方でフリマアプリの懸念としては、個人間取引であることと出品の自由度の高さから、偽物が流通したり、コンプライアンス上問題のある商品が取引されてしまい、ブランドの毀損、利用者が減少してしまうリスクも考えられます。当然、企業としてはこのリスクをしっかりと理解し、管理にも力を入れた取り組みを行っていますので現状は問題ありませんが今後も注意は必要です。

収益構造は、ユーザが商品を購入した際に、メルカリを経由して販売者に支払いを行い、その決済時に取得する手数料が基本的な収益源です。その他、支払い方法によって発生する支払い手数料、利用者の売上を引き出す際の振込手数料などもあります。よって、取引高の増加に比例して利益(売上)が増加するモデルとなっています。また、同業他社にみられる会員制度や出品時の手数料などもないため、利用者にとっての参入障壁は低く利用者拡大に繋がりやすいこともポイントです。

 

次に業績・財務面ですが、売上は2015年から2017年にかけて急速に伸びています。

2017年6月期でみると前期比8割増の261億円という成長のスピードです。売上に関しては大半が手数料収入と考えられますが、それだけでこの売上規模には驚きます。

一方で最終損益は42億円の赤字となっています。赤字の状況については利用者拡大や海外進出に向けての先行投資などが考えられます。仮に先行投資だった場合、海外展開はまだまだ伸び代が大きい領域だと思いますが、投資家心理としては判断が難しいところでしょう。

主要株主については、複数のベンチャーキャピタルが参画してはいますが、ロックアップ期間も設けられているので当面の下値不安はありませんが、すでに人気化しつつあるムードなのでセカンダリーには注意が必要です。うまく波に乗れるようタイミングを見計らって狙いたいところです。

 

LINE、ラクスルに続く、話題株ですが、マザーズにしては重量級。

決して軽い銘柄ではなく、話題性は強いが、初値が公開価格から倍、3倍などといったことはないでしょう。株主にVCがたくさんおり、上値は重たくなりそう。話題性とVCなどのウリを天秤にかけて、ウリのほうが多いと予想し、初値はあまり狙いたくない銘柄。

大型なので、初値というよりも、普通に当選しやすいIPOだったと思います。

初値予想は3500円~4500円とします。話題性の強かったラクスルも上場後上昇していますし、3500円以下で寄る可能性もないとは言えず、その3000円~3500円でもし寄り付くようならば初値投資もありかもしれません。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ