【IPO】明日上場のIPO アルー ピアラ 初値投資妙味はあるか?

明日上場のIPO

アルーとピアラについて、見解をご紹介したいと思います。

 

まずアルー(7043) 7043 株価と銘柄情報

事業内容は、

人材育成データ・機械学習技術等を活用した、社会人向け教育サービスの提供

 

マザーズ、超小型の国策銘柄。

吸上資金9億強、時価総額33億。

初値は公開価格の倍はいきそうです。初値は公開価格倍はいきそう。

初日値つかず、3151円買い気配で終える可能性も。

 

リスクの少ない初値投資を考えるのであれば、そのレベルでカイはない。

3000円はありそうだが、もし2500円程度での寄り付きになるのであれば、買ってみたい銘柄。

 

株式保有比率が20%近くあるベンチャーキャピタルのロックアップが公募価格比50%増 2055円で外れる。

となると、VCとしてはできるだけ最初は高値で寄り付かせ、売っていく方向を考えるのが筋なので、上値は抑えられそう。

 

初値投資としては、希少価値が高すぎるため2000円~2500円ならカイだが、3000円に近づくならばスルーでいきます。

やるなら2500円まで。買ったら15%マイナスロスカット厳守。

 

ピアラ(7044) 7044 株価と銘柄情報

ECマーケティングテック事業及び広告マーケティング事業で、

吸上資金12億強、時価総額89億弱。

小型株で、一株利益101.32円、PER25.1倍。

マザーズIPOにしては割高感はなく買いが増えることが予想される。

 

ロックアップは90日ついているものもあるが、20%程度はロックアップがついていない。

 

 

こちらも公開価格の倍での初値も可能性としては十分ありえる。

4200円でもし寄るならば、リスクを追ってやってみるのもあり。

その場合は15%マイナスロスカット。

 

あくまで、リスクの少ない初値投資を紹介しているので、

4500円を超えてくるならば、スルー。

 

年間数本あるかどうかの、初値投資、バリュー価格で寄ったIPOを狙いにいくので、

この投資方法は、スルーが基本になり、かつリスクも高めであることをご承知おきくださいませ。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ