【監視銘柄】監視しておきます。押し目狙い銘柄

 

監視銘柄ですが、

今日の監視銘柄は最近の、そのまま上げていくタイプの銘柄ではなく、

下落相場で調整どころを探りに行く銘柄です。

 

そのため、ここ最近は監視銘柄といえばロゼッタやシリコンスタジオ、CRIミドルウェアのように、そのまま上にいって買えない・・・ということになりましたが、今日紹介しているものはそういったイメージの動きではないとご承知おきください。

 

銘柄自体はあまり変わりません。

また、推奨していたもので、良い銘柄の反発局面を狙いに行くイメージで押し目狙い方向です。

 

CRI・ミドルウェア(3698) 3698 株価と銘柄情報

押し目狙い。

1800円台狙いのイメージです。

 

LITALICO(6187) 6187 株価と銘柄情報

監視。

イメージ的には2000円前後~1800円に向けて買い向かうイメージか。

 

 

 

フューチャーベンチャーキャピタル(8462) 8462 株価と銘柄情報

チャートは悪いが、1400円から、1300円に向けての買い向かいはアリ。

 

アドベンチャー(6030) 6030 株価と銘柄情報

5300円あたりの局面は狙いにいくかもしれません。

そのあたりで鍋底のチャート期待。

 

アウン(2459) 2459 株価と銘柄情報

一段の下落があれば。

230~240円以下はねらい目か。

中期的(数週間~数か月)程度待てるならば。

 

 

ただし全体相場、新興相場の状況次第で判断変えて行きます。

全体相場があまりに弱いのに、ここで紹介している数値に来たからといって買う方向ではありません。

 

指す、ということが重要と申したことがありますが、漫然と指しても意味がなく・・・

下落局面で指すのではなく、上昇、踊場の局面で、チャートを見て、下の方で指していくことに意味があります。

下落局面だと、投げ売りに巻き込まれることもありますので、ポートフォリオに入れておき、「全体相場も落ち着きつつある状況」で「安い銘柄」があれば「逆張りで」狙ってもよいでしょう。

安くなったからといって「漫然と逆張りをするのは自殺行為」です。

 

今は監視しながら、静観していきたいと思います。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ