【監視銘柄】【勉強記事】指値の重要性

押し目狙いとしていた監視銘柄の1つが、下落し、一瞬で戻しました。

指値を使いこなしていれば安値で入手できていたかもしれません。

それ自体はあとから見た結果論ではあるのですが少しだけ紹介させていただきます。

 

監視、押し目狙いとしていた銘柄ですが

UTホールディングス(2146) 2146 株価と銘柄情報

先ほど、一瞬で777円まで下落。

その後一瞬で戻す展開となっています。

 

はっきりといくらで買いですと紹介していなかったため、指値されている方はすくないと思いますが(ブロッコリー(2706) 2706 株価と銘柄情報 等はある程度していましたが)

このような動きを株式市場の小型銘柄はたまにします。

ものの5分で戻すような動きになりますので、

こうした動きをとらえるには指値をしておく他ありません。

 

自分の決めた取得したい株価を、複数回にわけて指値を入れておくといくつかでも拾えたりします。

 

チャートや板にかじりついているよりも、

まずは下の方、買えそうもないところでもいいので指しておく。

 

これがわりと重要となったりします。

資金枠次第にもよりますが、こういうのを上手く取れるようになるには指値は結構重要なので、

頭に入れておきましょう。

 

ちなみに、

ブロッコリー(2706) 2706 株価と銘柄情報 ならば

705円、680円

あたりに入れておきたいですね。

配信としてはそのように入れることにしておきたいと思います。

 

ユナイテッド(2497) 2497 株価と銘柄情報 は1630円、1580円にします、

 

できるだけ、監視銘柄については、指値は活用していくようにしましょう。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ