【リスク有り】【新規銘柄】テンバーガー候補 2●●● 

テンバーガー候補銘柄です。

すでに株価が横の状態から上昇しているが更に、という可能性を秘めていると見て、新規でリスク有りで推奨します。

 

ストップ高となりました。

無料会員様情報に変更させていただきます☆

銘柄情報

ケアサービス(2425) 2425 株価と銘柄情報

1483円

見解

17日引け後、中国・北京に合弁会社を設立すると発表し小型介護関連株に対する大きなインパクトとして大きく買われている。

3日連続ストップ高で株価は714円→1303円まで上昇。ボリンジャーバンド+3σを20%も上回る上昇となり買い意欲の大きさが分かる。

今回の材料のポイントは、同社は15年8月に中国・上海に子会社を設立して中国で介護事業を展開しており、今回の合弁会社は、北京を中心とした広域エリアで加速度的に事業を推進する目的という点。

中国も日本や米国・欧州国同様、少子高齢化が進んでおり、介護ビジネスの需要は増えるばかり。

その潜在人口20億人の中国で、訪問入浴などのフランチャイズ本部として介護事業を開始するとしているという事と思われる。

また、同社の株価が大底圏で時価総額が13億円と小型株の時に大型材料が出た為、材料を時価総額で計算すると現在の業績とかは、ほとんど関係のない数値レベルになる可能性も高い。

中国で本格的に事業をするには、50.1%以上の株を中国側に持たせる必要があるので、中国と組んでFC本部を設置して加速的に展開する事は、非常にスケールメリットの大きい展開と捉えられる。

材料だけで時価総額的には、テンバーガーになってもおかしくないレベルと言える。

チャート的にも、2013年に1424円を付けた時の出来高よりも遥かに大きな出来高を伴って上昇している事から、この価格は簡単に超えてくるチャートをしており、次の節目は2004年の上場(IPO)時の1500円であり、今回の材料の評価のされ方からすると1500円超えも十分にあるので、ここを超えると青天井モード突入となり、株価は、更に上がりやすいステージに入る事から、大化け期待株となる可能性がある。

1500円前後では、戻り売りも出やすいチャートではあるが、戻り売りをこなして1500円超えから2000円、3000円と目指せる材料とファンダメンタルより高値圏ではあるが買い推奨とする♪♪♪

材料

<ケアサービスの事業及び材料>
1.中国国営葬儀場内でエンゼルケア事業(死後のお化粧処理)を開始
2.上海に15ある国営殯儀舘(葬儀場)へ2か所目の導入(四季報には17年度に3カ所へ拡大と記載有)
3.他の国営葬儀場への展開を図ってると発表
5.4月中旬にも介護事業の合弁会社「北京福原順欣健康管理」を設立すると発表
6.中国の高齢者率(総人口に占める65歳以上の割合)は2015年の9.6%から35年には20.3%に上昇
7.介護サービスのコンテストである『上海養老服務創新実践案例評選』において最優秀賞を受賞
8.中国の高齢者問題は国策事業

※注目点は、中国国営の葬儀場とタッグを組みエンゼルケア事業を営み、今後も国営葬儀場への展開を図っている点。

参考チャート

(株)ケアサービス【2425】の株価チャート
 

ファンダメンタル

時価総額 27 億円
予想PER 18.88 [17.66]
実績PBR 2.07
予想配当利回 1.04% [1.04%]

 

狙い方

見ての通り、すでに株価は2倍になっているため、あくまでリスクは高いですが、夢のある銘柄だともいえます。

時間をかければテンバーガー(10倍)の可能性も秘めます。

リスクをおえるならば、アリだと見ております。

 

推奨というよりも、伸るか反るかになりますので、安定的銘柄を求める場合はやめておきましょう。

ご参考程度にしていただくのでも良いかと思います。

夢を終えるなら、出せる資金の1割程度狙ってもいいかもしれません。

 

→書いているうちに上がってしまうほど、早い動きで注目も集まっています。

リスクは高いですし買ったあと急落、などもありえますので、リスク可の場合のみの対応でお願い致します。

 

→ストップ高になりました。まだまだ注目。来週どうなるか!?

リスクは考えた上で、投機系OKの方はまだまだおもしろいかも。

本日、後場寄るかどうか・・・?

 

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ