【相場観】現在の相場観 ドル安円高 米利上げ後退

現在の相場観をご案内しようと思います。

個別物色は旺盛になりつつあり、当サイトの紹介としては、セクターごと、VR関係でしっかりと上昇を掴むことができています。

個別は良い感じなのですが全体相場は不透明。

米利上げ観測後退からくる、円高ドル安が再燃。

 

ただ、昨日から一気に1円以上下げた割には日経平均はさほど落ち込まない。

日経平均寄与銘柄に対する買い需要があるようで、

また、後場から始まることが多い、日銀ETF買い、こちらが思った以上に投資家の心理に影響を与えている模様。

 

空売りは仕掛け辛いですし、押し目はシンプルに買われる流れです。

夏休みの閑散相場を抜け、投資家も戻ってきているため、決して悪くない流れではあると思います。

推奨銘柄は継続方向です。

 

個別がいい。

VR系は上手く乗れたセクターだと思います。この中から2銘柄。

CRI・ミドルウェア(3698) 3698 株価と銘柄情報

ショーケースTV(3909) 3909 株価と銘柄情報

 

ここを抜けるとどちらも青天井のチャートではありますが、ゲームショー開幕までの第一波だと考えているため、利確どころは悩みどころとなります。

まだまだ強いのでもう少し考えたい。今週末か、来週頭かといったイメージです。

 

他はぼちぼちといったところです。

時間がかかりそう。

 

基本はセクターに乗る、ですから、フューチャーベンチャーキャピタル(8462) 8462 株価と銘柄情報 などについても材料、セクター、ZMPの動向次第だと考えており今年末に向けての銘柄とみています。

 

デファクトスタンダードは、BEENOSと、直近IPOのベイカレントあたりを一緒に見ておくといいと思いますが、基本的には1700円どころはIPOとしての割安感もありますし、時期を見て反発してくる可能性を考えています。

運悪くBEENOSの売り出しなども入ってしまいリスク有としては面白くない展開で時間もかかるかもしれませんが、敢えて継続とします。

 

先ほど申し上げておりました、新規銘柄は考え中です。

 

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ