【銘柄レビュー】本日~今週の注目銘柄

推奨銘柄からの抜粋ではありますが、

本日~今週の注目銘柄をご紹介しておきたいと思います。

 

中村超硬(6166) 6166 株価と銘柄情報

来週も含めてですが、まずは本日~今週。

いい形になってきていると思います。

3000円回復をまず第一段階に。

次は、5月15日~16日につけました窓、3600円や、5月14日~15日につけました4300円を埋めにいく動きに期待。

連続ストップ安で、出来がないので、このあたりを目指す展開は軽くなりそう。

 

→中村超硬(6166) 6166 株価と銘柄情報 レポート

先週末から日本経済新聞で「医薬関連事業に進出する」と報じられ、大底圏から反発中。(https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201806180211)

業績の期待があまりにも大きかったことにより、失望感から下落。
しかし、決算内容は決して悪いわけではなく、期待されすぎていたのか、出尽くし感が出て大いに売られてしまった。

3日で約半値近くまで下落したのはさすがにやりすぎにも思われ、底練り状態から週末からリバウンド入り。自力反発の場面であると見ております。

更に、ソフトバンクがインドへの太陽光事業に6~10兆円の投資を提案したとの発表から思惑で買われており、チャートは5日足を超えて買い転換。

出来高を伴ってリバウンド局面に入っており、さらに、3000円回復から、4560円の窓埋めまでは出来高の少ない真空地帯となっていることから、重さは少なく、上がりやすいポイントと言える。

業績も、バイオ関連への出資を行い、さらに売上も拡大中。
太陽光関連の太陽電池向けウエハやLED、ダイヤモンドワイヤなどが好調となれば、現在のPER12~14倍は割安と判断できる。短期的にも上昇しやすいチャートポイントと考え、買い推奨いたします。

<直近の材料>
MSプレミアム=インド太陽電池市場に熱視線―ソフトバンク巨額投資に思惑
ソフトバンクグループ<9984.T>がインドでの太陽光発電事業に6兆-10兆円の巨費を投じると伝わり、株式市場で関連銘柄に物色の矛先が向かっている。

<先週末の材料>
16日付の日本経済新聞で「医薬関連事業に進出する」と報じられており、これを好材料視した買いが入っている。

記事によると、産業技術総合研究所と共同で、創薬のスピードアップにつながる化学合成の効率化システムを開発しており、近く製薬会社などから合成や研究の受託を始めるという。

同事業で4年後に10億円の売り上げを目指すほか、8年後には薬の原料を製造するシステムの販売なども含め、同50億円を目標にしているという。

また、同社は今年4月、特殊ペプチド原薬の製造受託会社であるペプチスター(大阪府摂津市)に出資しており、複数のアミノ酸で構成される「ペプチド」を利用した創薬事業にも参入している。

---

 

ほかはすべて押し目のチャートですが

ネクスグループ(6634) 6634 株価と銘柄情報

石垣食品(2901) 2901 株価と銘柄情報

ルーデン・ホールディングス(1400) 1400 株価と銘柄情報

シーズメン(3083) 3083 株価と銘柄情報

リネットジャパングループ(3556) 3556 株価と銘柄情報

あたりは拾ってみたい銘柄となります。

 

また、仮想通貨関連では

テリロジー(3356) 3356 株価と銘柄情報 は持っておきたい。

SAMURAI(4764) 4764 株価と銘柄情報 は押し目狙い。

 

という感じです。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ