【銘柄レビュー】日本通信STOP高達成 他、利益を出す投資家になる為の基本と奥義について

日本通信(9424) 9424 株価と銘柄情報 が文句なしの上昇です。

しっかり買い板残してのSTOP高なら、持越しで良いと思います。

買い板残さない場合はギャンブルです。

ただ、今後のIPOのことも考えると、持ち越しても面白い状況内容、チャートだとは思います。

 

他銘柄ですが、

 

さいか屋(8254) 8254 株価と銘柄情報

今日調整していますが、安いところは拾ってもいいかもしれません。

 

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(4576) 4576 株価と銘柄情報

こちらも押し目しっかり狙ったと思いますし問題なしです。強い。

 

陽光都市開発(8946) 8946 株価と銘柄情報

時間かかるかもしれませんが、こういうのを仕込んでおくといいかもしれないですね。

動き待ち。

 

いつも申しますが、安いところを狙って買って仕込んで、高いところは利確するです。

買った後、狙い通りに上昇せずに、だらだら下げたりする(DMPなどのように)のであれば、それは致し方なく切ります。

 

全銘柄上げるものを紹介するなど不可能ですが、確率を高めて、下がるものが2割、なかなか動かないものが3割、上げるもの5割等のバランスを取ることは可能です。しっかり仕込んで、今のように動くのを待ち利確していくのが、スイングトレードです。

 

上げたところを狙ったり、ギャンブル的に、どちらに動くかわからない OTS、トリケミカルのような仕手中の仕手をやると、痛い目を見ることが多い。

きちんと分析し、安いところを買い、高いところを利益確定する、この循環を忘れないようにしましょう。これが勝てる投資家になるための一番基本であり、奥義になります。

 

 

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ