【銘柄レビュー】各銘柄レビュー 値頃感のある銘柄は多い

 

値頃感のある銘柄は増えています。

今週末で大きくは決算が終わりますから、その値頃感に合わせて買いを入れていきたいところです。

 

今日は、日経平均銘柄ばかりが強いが、新興には資金入らず。

これは決算が悪いものが見放されて、それに連れ下げしているといえますが、

うまいところで買える可能性も高くなってきていますから、押し目は積極的に狙う可能性もある方向性です。

 

うまく値ごろ感のあるところをつければと思います。

 

 

DIT(3916) 3916 株価と銘柄情報

厳しいが、複数ナンピンしていくつもりとしている銘柄です。

4100円~4250円は再度狙ってみたいところです。状況次第で以前から申し上げている通りナンピン入れる可能性あり。

逆張りの難しさは、どこまで下降トレンドで落ちるかが読みづらいところで、最安値つけるならば(4000円わるならば)ロスカットですが、ボトムをつける展開ですと強い下値反発示唆になります、それを読んでの反発期待の狙い手。リスクは高めです。

 

 

Aiming(3911) 3911 株価と銘柄情報

だいぶ落ち着いてきた印象。前回安値を割るならロスカットですが、ローソク足は作られつつあるので、今後期待。

 

 

アイリッジ(3917) 3917 株価と銘柄情報

4500円保てるか。上を買っていく雰囲気を昨日も見せただけに、そろそろ下値もいいところかと見ています。

 

 

アイリッジはDITは戻るときのリターンは大きいですが逆張りであり、見放された場合は下げるだけとなるため、リスクは高い。

Aimingや日本動物高度医療、GUnosyは、業績もよく、値頃感があり、仕込みやすい銘柄といえるでしょう。こういったものはチャートも作ってくる事が多い。

 

後場からの動きが少ないだけに新規というものも出しづらいのと、もう少し決算が続くので、それの状況を見据えながら、進めていきたいと思います。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ