【推奨銘柄】【長期銘柄】不動産関連銘柄8●●●の動向

不動産関連銘柄8●●●の動向について、説明します。

直近ではなく長期的流れです。

 

8月2日に、下方修正の決算予想が出ています。

 

8月8日には中間決算。

為替差損を織り込んだ形となっており、

8月2日の下方修正もさほど株価に影響がなかったので、

8月8日の実際の決算も株価に影響というのはあまりない可能性が高いのではと思います。

 

ただ、足元の状況が別段いいわけではないので、銘柄としては、上昇するにしても、時間のかかる公算が高い。

チャートを見ても、怪しい動きをしているのは事実なので持っておきたいが、拘束されるよりもいったんいくらか手放しておくのも手の1つでしょう。

横の動きで、たまに上髭がでたり、出来高が上がったりするのはいかにも、な動きの1つです。

大口が拾ってたり、集めにくくなったときにいったん買いあげるなどして刺激を当たるなどすることがあります。

(仕手というわけではなく、正規のファンドなどもそういったことを行うと考えられます。そのファンドなどが注目した銘柄に対して、丁寧に集めて、その企業が注目されるのを待つのが、ファンドの基本手段と言えるでしょう。仕手というのは自分で買い上げるのでやり方次第では問題とされたりしますが、大半の株式での資産運用会社は、丁寧に仕事するものです)

 

改めて推奨したのが183円。

現在も183円付近。

 

長期で、継続とします。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ