【相場観】銘柄レビュー

現在の紹介銘柄レビューです。

強弱まちまちの環境。

しかし、後場から徐々に個別にも資金がまわりつつある。

個別に紹介していきます。

フューチャーベンチャーキャピタル(8462) 8462 株価と銘柄情報

後場、2070円どころから2130円を一気に突破。

その後2100円あたりで揉んでいます。

 

この銘柄はJQですが、新興ですので、本日マザーズがこれだけ弱いわりにこの銘柄は強い。

悪くない環境だと思いますので継続です。

 

フリークアウト(6094) 6094 株価と銘柄情報

こちらも同じく新興、マザーズ市場。

堅調。

チャートも良い。

先週末陰線でしたが本日このまま保って陽線となるのであれば、7000円、25日平均線割れ否定の動きとなるので、期待できそうです。

 

ちなみに、本日のマザーズの大きな下落要因は

ミクシィ(2121) 2121 株価と銘柄情報

こちらにつきます。

 

マザーズ市場に対して影響力の高い銘柄ですから、本日はマザーズの下落はmixiで相当です。

発表されたIR上は、決算に対する厳しい投資家の見立て。

1Q25%ですから、予想通りなのですが、ポケモンGOに人気を取られている以上、今後が厳しいであろうということ、新たな情報が出なかったことに懸念の目が入ったということだと思います。

 

mixiが弱いと他のゲーム関連も厳しいかもしれませんが、逆に任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 にはいい目があるかもしれません。

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 は本日堅調。こちらは継続です。

 

不動産のエイシアンスターは長期。

監視的に、時価で仕入れても面白いのはこちらも不動産ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報

こちらは決算出てからでもいいと思っていますので様子見。

 

厳しいのが、Hamee(3134) 3134 株価と銘柄情報

東証一部市場に市場変更したものの、その後一段高ありましたが、高値から半値、と厳しい状態。

1800円台で紹介、高値で利確をしながら、という話をして、その後継続したままなのですが、さすがにここまで下落というのは予想外であります。

判断は難しいですが、銘柄の環境を考えると売られすぎだと見ていますし、チャートがこれ以上壊れればカットしますが、今日は継続します。

 

シンプルに今日明日で雲を下抜け、75日平均線下抜けするならば底値知らずになる可能性があるため、その場合はカットします。

 

さくらインターネット(3778) 3778 株価と銘柄情報

なんとか持ち直してきた。ここは継続でいきます。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ