【推奨銘柄】【新規推奨】3●●● システム関連銘柄に注目します。じっくりタイプ、好チャート。時価~押し目狙い

新規で1つ紹介します。

昨日もじっくりタイプを紹介しましたがこちらもじっくりタイプです。

実力のある会社の1つとしての紹介

銘柄情報

システム情報(3677) 3677 株価と銘柄情報

3/28

1208円

見解

独立系SI。高取得率の国際資格PMPとCMMIレベル5のプロジェクト管理力に強みの同社。

レベルの高い技術者集団とシステム管理組織成熟度(組織成熟度:CMMI※用語説明有り)のレベルが非常に高いハイレベル技術者集団。

日本や世界を代表するようなベンダーやシステム開発企業に、ビジネスパートナー契約をさせるレベルの技術を保有。

同社のシステム開発・システム提案・システム構築などは勿論ハイレベルだが、CMMIレベル5のシステムは一度受注すると、常に改善が要求されるので顧客は離れる事はほぼないと言っても過言ではない。

強いて言えば、付加価値のサービスやオプションなど顧客の単価アップはあっても下がる事はないので、利益を毎年積み重ねて行けるビジネスモデルと言える。
そこに来て、高度なシステムが要求される時代に突入しており、同社のシステムは、銀行・証券軸の金融関連システム(フィンテック系)システム構築や、情報セキュリティ、クラウドでも新プロジェクト始動電力自由化案件・IoTシステムと連携の認知型サービス分野で開発案件受注するなど人材のレベルが高いと自ずと高単価の仕事が入るので、同社の将来的な利益の伸び方は非常に期待のできるものと言える。

このレベルのSI(システムシンテグレータ)会社は日本でも稀であるが、同社の評価はまだまだ低く、その他のIoTやクラウド関連企業が異常な価格を付けている中、PERは13倍台、時価総額は67億円、また、利益に連動した配当性向30%という方針も利益が伸びれば配当も上がるので、安心して増配も毎年期待できそうな会社である。

チャート的にも最近は強い動きをしており、下値を切り上げながら、上値トライしてきており、1200円~1260円の出来高抵抗線を超えれば、過去の出来高の少ない真空地帯突入より突破してくる可能性が高いと予想する。

会社の潜在株価としては、非常に大きいが現在の業績でもPER20倍~30倍くらいは評価されても良いと思うので、1500円~IPO時の価格帯3000円を将来的には目指してくると予想して買い推奨です。

参考チャート

(株)システム情報【3677】の株価チャート

ファンダメンタル

時価総額 67 億円
予想PER 14.27 [13.14]
実績PBR 3.62
予想配当利回 1.93% [2.02%]

狙い方

時価~押し目狙い。

チャート的にトレンドラインの下限は1100円前半~中ぐらいとなる。

時価~そのあたりまでの押し目も考えての2段構えが望ましいと見ております。

今の1200円台の水準は、ここ2年間抜けていないところでもあり、ここを超えてくると真空状態になることから、1200円台を超えて1300円方向になるかどうかはかなりのポイントになる。超えないようであれば銘柄性は良くても、時期でないということです。

時価総額的にも大化けの可能性も秘めますし、時価~押し目狙いで、中長期路線で仕込んでいくのはアリだと見ております。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ