【新規推奨】【推奨銘柄】材料系銘柄7●●● 特別な材料株の目先底打ち反転より買いサインより推奨です☆彡

一般公開いたしました。

 

材料系銘柄7●●●

特別な材料株の目先底打ち反転より買いサインより推奨です☆彡

ただし、相場が相場なので若干リスク高め。

無理せずに軽め、あるいはスルーしてもいいと思います。

 

本日、朝に寄りから推奨した銘柄ですが、もう一段上期待。

 

銘柄情報

オービス(7827) 7827 株価と銘柄情報
現在1203円

見解

3月31日に、国からの助成金9億4300万円の収入を特別利益に計上すると発表。

会社の時価総額の約半分の助成金9億円4300万円を国からプレゼントされた事になります!

 

この時点で、今期PER3倍以下(EPS400円は超えそうと試算)、来期予想もEPS260円(PER4倍台)となり、会社の時価総額を3年で回収できるレベルの会社となる。チャート的にも中期サポートラインの1200円突破から1200円は下値サポートラインとなり出来高膨らめば大相場の可能性も。

助成金などのお金は配当で分配する事も多いので、配当まで上がれば非常に魅力的な投資と言える。

あと、近日の個別株の地合いが悪く一極集中相場になりやすい為、同社が買われる可能性も高いと予想して買い推奨☆彡

<参考チャート>

(株)オービス【7827】の株価チャート

 

<ファンダメンタル>

時価総額 22 億円
予想PER 8.87 [4.34]
実績PBR 0.85
予想配当利回 1.33% [1.33%]

 

その後について

4/12 追記

4月11日には、1500円をつけるなど、すでにしっかりと上昇しましたが、増し担保規制がかかることになりました。

その上で、戦略について追記しておきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

18年10月期の第2四半期において、補助金収入9.43億円を特別利益として計上する予定と発表している。

 

広島県福山市において建設中の木材福山工場(18年3月竣工予定)に関し、広島県より「次世代林業基盤づくり事業(合板・製材生産性強化対策事業)」に係る補助金の交付決定通知を受領した
※先日までは2017年に特別計上としていましたが2018年の間違いでした。

会社の時価総額の約半分の9億4300万円が同社の利益に計上される事が大材料。2018年四季報予想に純粋に、補助金(助成金)を計上すると、利益は約14億円。一株利益にすると、2014年12.41億円の利益の時のEPSが717.2円より、14億円計算だとEPS809円と算出されます。

現在の株価1420円でも、PERは1.75倍です。なかなか見たことない数値です。円安は輸入材原価上昇でデメリットとなるが、現在の円高進行は同社には追い風です。

世界的な株価下落とリスクオフの円高が続けば、同社の利益は大幅に増える事は過去の決算を見れば明らかです。リスクオフ時は、買える銘柄が極端に減る事も同社には材料であり、一極集中相場に発展する可能性もあると予想します。

同社の成長モデルを低めの平均EPS300円と仮定すると、2018年のBPSを計算すると約2240円(現在のBPS1329円+2017年@110円+2018年@800円 ※一株利益-配当より算出)

最近の株価は5年後の株価を先取りすると言われてるので、残り3年のEPS300円を足すと、5年後のBPSは約3140円となる。

もちろん、10年後のBPSは単純に6140円、昔の算出方法である20年後の株価を予想すると9140円という桁違いのキャッシュを保有する企業になっていると予測できます。

これより、同社の理論株価は低く換算しても、上場来高値の2049円を超えてくる事から、青天井に入り、大相場になってくる可能性が高いと予想できます。

しかし、短期的に急上昇時に信用買いに必要な金銭が増える増し担保規制が本日より入る為、株価の参入者が減ると一般的に言われてますので、一時的に下げる場面があるかもしれませんが、ここまで下値不安の少ない銘柄も少ない為、安い場面では押し目買いを推奨します。

長期的な目標株価としては、1800円、2400円、さらに上もありえるかも、と考えております。

一極集中相場になれば4000円~5000円もあり得ると予想します。

増し担保で寄りから売られるならば、むしろ買い場ではないか、として1日でも買い、と見立ててみたいと思います。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ