【推奨銘柄】1●●● 決算前に上昇していますが、決算が期待されているかもしれません。大幅上昇。推奨からは15%上昇

決算前に上昇していますが、決算が期待されているかもしれません。

5月9日~10日あたりに決算があると、IRで確認しています。

すでに推奨から15%上昇していますが、決算に期待する向きがあるようです。

この銘柄、おさらいしておきたいと思います。

 

銘柄

フィット(1436) 1436 株価と銘柄情報

推奨時、1100円。

現在1300円前後

見解

年利50%以上のコンパクトバイオマス事業参入の決算先回り買い狙いです。

IRに確認したところ、5月9日に決算発表予定との言質を取りました(とはいっても予定はあくまで予定です、変わる場合はあります)

 

同社は経営陣が株を大量報告で買い占めるくらい特定株が多い(特定株比率:80.6%)より、浮動株が少ない特徴があり、上がりだすと早いという最大の特徴があります。

 

来週の決算には、IPO時の売上計上時期問題を反省して、第三四半期の決算説明資料では、顧客獲得済の売上:8億2千万円をあえて外して発表してます。

これにより、決算が悪く売られたのですが、むしろそうやって売られたところは買い場だったのではないかと見られ、現在再度決算前に注目が集まっているようです。

<決算資料の内容からピックアップ>

顧客確定済み発電所で系統連系日が未確定のため、あえて工事未了(関東エリア)

約50区画(約820百万円)

 

しかも、以下の高性能のコンパクトバイオマス発電所の売上が好調という事。

現在売上70億、利益5億円。

一株利益(EPS)114.8円の会社であるため、今期・来期決算予想は、上記の未計上の売上を入れると、

売上予想:90億~130億円、利益予想:9億~18億円、一株利益(EPS)予想は210円~420円と試算できます。

 

この時点で、PER10倍計算でも2100円~4200円が理論株価になり、上場来高値(1772円)更新を目標とできるので、決算先回り買い銘柄として、推奨です。もし良好な本決算となれば、株価の位置が変わるかもしれません。

何もでなければ10%~20%下げますが、リスクは高いものの大きなリターンが得られる可能性のある銘柄となるでしょう。

<フィット発売のコンパクトバイオマス発電所の概要>

【価格】
コンパクトバイオマス発電所
販売単価 販売価格 約4,000万円~7億円

【販売価格→売電収入】

40kW:約4000万円→年間売電収入2000万円(年間利回り約50%)

1000kW:約6億円→年間売電収入3億5000万円(年間利回り約58%)

※太陽光発電の年間利回りは約10%、風力発電は年間利回り約12%

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ