【推奨銘柄】【新規銘柄】【中長期銘柄】3●●● 粒子コンピュータのセカンダリ銘柄に注目したい

後場お疲れ様です。

粒子コンピュータ関連が凄まじい勢いで、

YKT(2693) 2693 株価と銘柄情報 など凄まじい状況です。

 

ここから量子コンピュータをというのは難しい判断ですが、そのセカンダリであれば十分勝負できますので、底値圏の粒子コンピュータセカンダリを狙ってみたい。

粒子コンピュータからAIに発展すると考えます。

 

銘柄

データセクション(3905) 3905 株価と銘柄情報  706円

ブレインパッド(3655) 3655 株価と銘柄情報  123円

 

見解

量子コンピュータの中のセカンダリとして注目されつつあります。

 

AIには量子コンピュータが今後使われる可能性が高い

https://japan.zdnet.com/article/35093649/

 

飛躍的な発展が今後見込まれるため、

短期的にも面白いが、中長期的にも面白いと見られる。

 

ブレインパッドは、データマイニングという企業データ分析、販促に活用するツールなどに強みがある。

またAI案件あり。

 

データセクションは会社の業態は、ディープラーニング(深層学習)によるソーシャルメディア分析

商品の利用シーンを発掘するサービスを提供

AI関連

 

量子コンピューターの研究開発が進むことで、どちらも、業績を伸ばす可能性がある。

ここまで量子コンピュータが盛り上がっていますので、セカンダリであるAI関連にも資金が入っておかしくない。

 

短期的にも注目集まるが、この2つの銘柄の雰囲気状況等からして、量子コンピュータ連動というよりも中長期目線。

 

業績回復を見越した大化け狙い、底値圏狙いならばデータセクション

安定性と好チャートからの上昇トレンド狙いならばブレインパッド

をチョイスするとよいでしょう。

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ