【相場観】【銘柄レビュー】【推奨完了】現状の状況等踏まえて

アメリカ発の株価下落。

一応要因を整理しておきます。

2日の雇用統計で市場予想を上回る賃金上昇。

FRBが利上げペースを上げるとの見方。

FRBが行ったことは、景気過熱を抑えるための対策で、好景気のときには通常行うこととして間違いはない。

しかしながら、ここのところ株価の上昇を牽引してきたのは、景気の好調さに加えて、利上げスピードが遅いこと、そしてトランプ式の法人税減税。

今回その利上げスピードが上がる可能性が高いことから下落が始まっています。

 

米長期金利はおよそ4年ぶりの年2・85%まで上昇。

金利が上がればお金を借りにくくなりますので、企業への影響が懸念され、株価が急落・・・

 

という流れです。

 

もちろん株価が大幅下落すれば、好景気から悪化していく可能性が高くなり、

日本のバブル崩壊も、日本銀行による金融引き締めが発端。

好景気なのは間違いなかったですが、以前の日本のバブル経済の崩落は、株や土地への異常な投機熱による、実体を伴わないもの、と言われます。

株価が暴落したあと、すぐには景気に影響はなかったものの(株価が下がってもいきなり崩壊はしない)、2~3年後には資金繰りが苦しくなっていきました。

 

今回問題となるのは、アメリカが同じような状況になるのかどうか?ということ。

現実的には、日本のバブル崩壊のようにアメリカ株価が半分、のようになるとは考えません。

その時のような好景気の波ではないと考えますし、日本のバブル崩壊のような株価、対策などをすると、アメリカ自ら轍を踏む、といったことになるので、そうはさせないと考えますし、今後もバランスを保つ経済対策をすると考えます。

 

ただし、短期~中期、20000ドルというような数字は現実的にはなります。

そのためここから中長期銘柄というのは紹介しづらくなると考えます。

 

どちらなのか?というのが昨日でしたが、今日見るに、思った以上に下落方向が強い。

一旦、基本的にはリスク回避も考えた動きをする必要があるので、長期ものに関しても一旦外して行こうと思います。

カイ銘柄はほぼ外していきます。

 

ここのところ、個別のやりくりが多かったので、銘柄としては大分減らしています。

 

JESCO(1434) 1434 株価と銘柄情報  557円

大きくあげたところもあったが、1000円方向期待していたので、はっきりとした利確ご案内はできませんでしたが、ある程度上げれば利確はする案内もよくしているので、利益確定している方もいると思います。まだプラス域ではありますがリスク回避のため、終了。

 

長期もの

東洋電機製造(6505) 6505 株価と銘柄情報

長期では持っておいてみたいのですが、いいところ全くありませんでした。

こちらは申し訳ありませんがチャートも悪いので撤退。1700円。

 

フィット(1436) 1436 株価と銘柄情報

1071円

長く見れば持って置きたい銘柄ですが、一旦外しておきます。

安いところあれば拾って行くと思います。

 

オービス(7827) 7827 株価と銘柄情報

割安銘柄。こちらも安いところあれば拾って行くと思いますが一旦撤退、1046円。

 

アバール(6918) 6918 株価と銘柄情報

こちらも長期ではオモシロイと思っており、チャート的にも今は押し目とも見えますが、懸念が大きいので一旦切り離します。2300円。

 

ポエック(9264) 9264 株価と銘柄情報

こちらは、プラマイゼロ範囲で、昨日は上昇しましたがさすがに本日は持たず。

3765円でリスクを取らない方向で切っておきます。

 

要興業(6566) 6566 株価と銘柄情報

1003円で利確しておきます。安くなれば狙うかもしれません。

 

 

他、黒谷(3168) 3168 株価と銘柄情報 、重松製(7980) 7980 株価と銘柄情報 、メディシノバ・インク(4875) 4875 株価と銘柄情報 、一家ダイニング・・・

など、これらはすべて利益が出ている状況。

黒谷はEVの本命、重松は戦争が起これば飛ぶ銘柄。

メディシノバはここのところ強いバイオ関連で、本日も強気示唆。逆行高になる可能性もありここは持っておきたい。

一家ダイニングは6000円どころで推奨しており、飲食関連IPOで、持って置きたい。8500円割れは利確に動きますが、10000円付近で50%以上上昇している今のうちにある程度利確しておくのもありではあるでしょう。底堅い雰囲気ではあります。

いまのところ、これらは推奨継続としておきます。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ