【銘柄レビュー】銘柄レビュー

現在の推奨銘柄レビューです。

簡単に昨日今日の状況をご案内すると、シリア情勢の問題がやや和らいだため、ダウ→日経平均と上昇。

日経平均のチャートは下降トレンドを、若干崩す形で上昇しており、そろそろ底入れか?というイメージ。

ダウに関しては、下降トレンドの頭を付ける形で、まだはっきりせず。

もう少し見ておきたい。

 

全体相場がある程度落ち着けば、推奨している銘柄にも資金は集まりやすくなる。

 

狙いとしては

 

・新規IPOが少なくなるので、5月末までは、既存IPOが使える。

・本命バイオ等の材料待ち

・相場の若い銘柄を狙う

 

の3点で、注意点は、全体相場と、決算となります。

 

それぞれ銘柄レビューしていくと

 

IPOで底入れ、期待がかかるのは

ジェイテックコーポ

こちらになりましょう。

全体的に、新規のIPOが高く始まりすぎているからか、売られる傾向が強い現状であるため、新規は底入れを確認してからのほうが良さそう。

以前のIPOで底入れしたところ、チャートを作ったところを狙うという意味で、ジェイテックコーポが狙いやすい。

 

LTSも、調整からの反発に期待。

 

ジェイテック(2479) 2479 株価と銘柄情報 もまだまだ相場が若い。

昨日はほぼSTOP高で引けたが、中途半端な引け味だったので、さすがに今日は弱いか。

しかし時価総額が低くきっかけ次第で吹くので、こうした銘柄は持っておきたい。

 

バイオ材料株本命はメディシノバで、こちらは材料出るまで放置のイメージで考えます。

材料無くても動くかもしれません。

 

テリロジーはそろそろ仕込み時かと思います。

チャート的にも底入れしそうな雰囲気。

 

ピーバンも、75日平均選あたりで反発することが連続しているので、そろそろ狙い時だと思います。

 

今から仕込むならテリロジー、ピーバン、ジェイテックコーポあたりでしょう。

エニグモは今日あたりで底入れしてこなければ切るかもしれません。

円高で恩恵の銘柄なので、円安方向変わらずの展開であればこちらは若干厳しいだろうが、しかしながら、調整場面でシンプルに反発するチャートを引いているので、今の水準はトレンド的には買い場だとも思います。

 

全体相場落ち着いてきているので、チャート的に底入れしそうな銘柄は、月末から5月中旬にかけて、決算銘柄が増えはしますが、狙い目でしょう。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ