【低位株】【リスク有】【IPO】全体相場の膠着から低位株、IPO銘柄の紹介(追記あり)

全体相場の膠着感、新興の上げ渋り、IPOの盛り上がりの丁重、調整時期という10月、という観点から低位株に資金が向く可能性があります。

その中でピックアップしておきたい銘柄をいくつか紹介します。

また、IPOは盛り上がりに欠けますが一ついいものもありますので紹介しておきます。

 

低位株

トレイダーズホールディングス(8704) 8704 株価と銘柄情報

証券関連でありますが、FX関連が中心であり、香港の地政学リスクもあまり関係ない。

円安による享受を受けやすい銘柄で、やるものがないときに動きが出てくる可能性は十分ある。

時価~60円まで拾って、55円われロスカット、70円~80円を目指したいと思います。

 

さいか屋(8254) 8254 株価と銘柄情報

あくまで今は監視。

チャートをみたらわかりますとおり材料ですごいことになっています。

チャートを見つつ、調整どころでINするか、75円、70円、とナンピン覚悟でついていくか。

資金力があれば、ですが、この銘柄は将来的に面白い。上方修正も出るでしょう。

今は様子見として紹介だけしておきます。

 

ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報

カジノ関連政策期待、低位株、ということでここは外せない。

時価OK。107円でロスカット。高値圏であるため、上げれば徐々に利確しながら進めていく感じ。

 

IPO

JIA(7172) 7172 株価と銘柄情報

9月20日前後にも紹介し、残念ながらロスカットしたあとにがっつりとあげてしまった、銘柄選択は間違いはないがノレない、という、最近の残念な銘柄。

ただし、今回のIPOの中でも銘柄性に間違いはないので、押し目狙いで勝負。

時価でいれるなら2割程度。

押したら2割、という風に増やしていくといいでしょう。

押さずにあげたら持っている玉だけで勝負。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ