【相場観】【新規銘柄】【推奨完了】現在の相場観

おはようございます。

本日もどうぞよろしくお願い致します。

 

日経平均先物は、昨日ダウが強気であったことが利用で上げてしまいました。

いったん、22700円でロスカットとなっていますが、まだ持っているならば継続でいきます。

ロスカットしている場合でも、やはりここは再度日経平均の売り玉は持っておきたいところなので、現在の22660円で再度売りに入ります。

 

荒れるSQ週の水曜日 魔の水曜日と言われる今日。

下落の可能性が高いと見て戻りは売りとしていましたが、更に踏み上げる傾向にあるのと、確かに最近の魔の水曜日は下げないことも多いので、今日はさらに戻る可能性を考えてはおりますが、やはり売り玉はもっておきたい。

メジャーSQは、SQ通過後に弱くなっていることもあり、これ以上の戻りは、そのあとに売られるパターンも想定する。22800円以上は目標達成感も出そうです。

昨日、さらに先物強さなどで23000円が視野に入ってきましたが、上に戻った場合は下押しのパターンも考えられるので、これ以上の戻りもやはり売りですし、下げた場合も売り。

 

23000円の壁は高いが、超えると、今度は出来高的に上は軽くなる。

材料次第では、昨年の秋~冬同様に上値が軽くなる可能性もあり、その場合の想定もしておく必要が出てきそうです。

 

銘柄はありますので問題はありませんが、どこで売りに行くのか、買い転換とするのか。

その予想が難しい状況ではありますが、基本は打診ででも売り玉は持っておきたいし、22800円~はやはり売り。

徐々に売りましていく手段になるが、

23050円超えてくるようであれば、カイ転換 という戦略になると思います。

 

よって、昨夜、逆指値でのロスカット抵触で、22700円でロスカットとしたが、

持っているならば継続で、持っていない場合でも今の22660円で売り、ここから売り上がりのイメージです。

 

先物は金曜日には一端自動精算されますが、戦略は都度、あげて行きたいと思います。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ