【新規銘柄】【推奨銘柄】厳しい相場展開だが、1銘柄注目したい。

1銘柄推奨してみたいと思います。

厳しい状態にありますが、

その中でも光る材料を持った同社の展開に期待。

銘柄

大塚家具(8186) 8186 株価と銘柄情報

寄り時点で380円程度になりそう。

 

状況・見解

社長就任問題などがあり、低迷している同社。
赤字だが、キャッシュだけあった。
しかしながら、現在は業績も悪く、いつどうなるかわからない状況。

そんな中、居然之家の「イージーホーム」ブランドとの業務提携の方針を発表。中国本土に220店舗を持つ為、サプライズ的な材料になりそう。

同社としては、会社の転換期になる可能性も高いと予想します。

同社家具は日本人の場合、最近は安い家具に押されており、同社のような高級家具を買う人は少なくなったが、中国の場合は、需要はまだまだ今後も伸びていくと思われる。

最終的に同社に残される道は、本業で利益を出すことである。
家具を売るしかない状態の中、日本では頭打ちの状況を打開する業務提携と考えます。

材料は非常によく、また、世界株価が暴落しており、全体的に株価が下がっているので、サプライズ材料に飛び乗る投資家は多くなるかもしれない。

チャートもよく、9月、11月、12月の高値を更新していきそうな好チャート展開。
このような銘柄は珍しく、買いが集まると予想。
これを機に上昇トレンドに入る可能性が高いと予想して買い視点で見ていきたい。

<大塚家具の店舗数は2017年に21店舗>
https://www.idc-otsuka.jp/company/ir/zaimu.html

<材料>
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20181221_02.html

 

狙い方

時価買いでいきます。材料がいいので、

350円方向にもし下がるならば、ナンピン買いも考えます。

チャート

(株)大塚家具【8186】の株価チャート
お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ