【推奨銘柄】【新規銘柄】【IPO】注目したいIPO銘柄

注目してみたいIPO銘柄を1つ入れます。

ただし、戦略としては

ナンピン買いです。

 

TDSE(7046) 7046 株価と銘柄情報

業務内容は

ビッグデータ・人工知能(AI)を活用したソリューション提供及びAI製品(AIモジュールを含む)の提供

IPOとして、注目度は最高クラス。

新年のIPO不在期、来年も継続して注目すべき株

テクノスJが4割レベルの株を保有、NTTデータも大株主で、ベンチャーキャピタル不在と株主構成は良くロックアップありで需給良し

売り上げは直近3期連続の増収と急拡大中、2019年は増収増益予想とIPOとしてはほぼ完ぺきな好条件

 

状況次第では1万以上の空中戦も考えられる。

現在5350円。

ここから、5000円、

4500円

4000円

3500円

と買っていけば、リーマンショッククラスの状況にならなければ、

同社のポテンシャルから言えば、マイナスにはならないと考える。

 

基本的に5000円以下なら勝負になる。なので、500円刻みで買っていくイメージ。

 

 

必ず、数回に渡って買っていくイメージ。

会社内容的に、ズルズル下落するイメージがなく、そんなに下がらない気もするが、

来年、IPO不在のときに、相場が落ち着き、マザや新興が落ち着いたころ、

こうした銘柄に資金が入ってくる。

その時を狙っていってみたい。

最初もある程度は入れても良いと思います。それほど下がらないと予想しています。

入ることができる数量の3~5割程度か。

 

目標は、大きく見て 10000円以上もアリ得ると予想。

30~50%ぐらいは、落ち着けば普通にとれるポテンシャルはある。

 

そのためには、相場自体がある程度落ち着くことが必要で、

時期的には、IPOが閑散時期になる、来年、1月~3月前半 あたりか。

 

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ