【監視銘柄】【推奨銘柄】監視銘柄と推奨銘柄について

監視銘柄、推奨銘柄について。

また、指標から考えての、状況もご案内しておきたいと思います。

 

マザーズが本日は下落してきています。

バイオが牽引してきた相場ですが、このままプラス範囲であれば問題はないと考えますけれども、もしマイ転してくるようであれば、注意しておきましょう。

 

先程紹介(昨日にも青天井の可能性、3000円~方向というお伝えはしました)しましたテノは、一気に2400円を伺ってきました。

AmidAHDが一気にSTOP高になるなど、IPOの局地化が起こってはおりますが、テノは一気に上昇していくかもしれません。

リスクを追って買ってしまったほうが、良かったパターンにまたもなってしまったといったところになります。

この2400円抜いて、2424円も抜いて、さらに強い展開が続くと、青天井のチャートです。

無論、ここが一番難しいところで、結構な強気なカイがなければ続かないですが、マザ指数がある程度強い間は上の可能性が高そう。

アルテリアのような動きになるか、そのまま突き抜けるか、です。

 

Edulabも悪い動きではない。

4100円キープしていますので、テノなどに比べると地味であるが、堅調な推移に期待。

 

IPOスイングとしては、

ベルトラ、リンク、ACSL、Kudanあたりをポートフォリオにいれて、見ておきましょう。

これらが急落等するようなことがあれば、Edulabやテノも一旦見切って撤退したほうが良いでしょう。そのときはマザ指数も下げて来ると思いますが、ある程度戻ったところでは戻り売りが発生する可能性が高まるので、あまりリスクを大きく張りたい状況ではありません。

(もちろんリスクをはれるならば、テノ、TDSE、Edulab、リンクなどは面白い銘柄です)

 

IPO以外の銘柄も紹介していきたいところですが、戻り売りの可能性が高まってくる以上、あまり無理な案内はせず、1月は、IPO不在時期なので盛り上がりやすい、IPOで攻めていき、機を待つイメージで考えていきます。(もちろん面白い銘柄があれば別途紹介はいたします)

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ