【銘柄レビュー】【相場観】相場観と銘柄レビューです

ECB理事会で、金利据え置き方向が「今年年末まで」としていたものを「来年上半期まで」、と変更されました。

日本に金融緩和の手立てがもう手詰まり感が出ている中、

ECB、FRBと金融緩和方向にまた進んだことになります。

 

円高となりやすい状況になっていますが、おかげでダウは貿易問題があれど株価は回復。

相場としてはやりやすい相場になっています。

 

が、チャートとしては微妙なところであり、まだスッキリと下降トレンドは脱していない。

日経平均は、円高方向になりやすい環境からすると買いとは転じにくい。

 

やはり現在も個別銘柄中心となりそうです。

 

日本通信(9424) 9424 株価と銘柄情報 は半分利益確定、残りついていく。

 

ヘリオス(4593) 4593 株価と銘柄情報 はいい形です。

そろそろもう一発あるのではと思います。

 

フジタコーポレーション(3370) 3370 株価と銘柄情報 が弱いが、そろそろ反発するのではと思っています。

昨日もいいところまで反発して戻ってしまったが、そろそろ押しもいいところで、鍋底型反転に期待

 

インパクトも、ギリギリのところで反発。

材料が出ても上昇しない重たさがあるが、継続

3900円割れはLCです。

 

色々と銘柄は見ていますが

低位株ということで 信用買残が多いので重たさはあるものの

NFKHD(6494) 6494 株価と銘柄情報 を見ています。

面白い動きとなりそう。場合によっては低位株ということもありますし推奨するかもしれません。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ