【相場観】【推奨銘柄】【新規推奨】全体に小動き FOMC、G20、日銀金融政策決定会合控え

ダウ、日本、海外、ともに小動き。

欧米株は小動き堅調、為替も小動き。

イランなど国際情勢問題もあり、地政学的リスクもはらむが、微妙。

 

基本的には金融側は、FOMC、G20、日銀金融政策決定会合を控え、小動き展開が増えそう。

 

FOMC、日銀金融政策決定会合は、ドル安方向が強まる内容になる可能性が高いと現時点では見ています。

FOMCは7月利下げ これは、指標が良くても株式市場は利下げすることがコンセンサス通りになってきているので、やらなければ株価は暴落する可能性が高い。

日銀金融政策決定会合では、追加緩和の可能性は示唆しつつも、サプライズ的なことはできず現状維持となる可能性。一部に追加緩和期待もあるが、副作用を恐れるため、今回はこれ以上拡充するのは難しいと予想。

上記の通りであれば基本的にドル高路線であり、日経平均には厳しい相場となりそう。

 

日経平均チャートは5月8日の大幅GDから考えて頭が下降トレンドであり、ここで反発すれば逆に逆三尊となり買いシグナル発生するが、基本は上をとりにいくような材料には乏しい。

 

上記のような環境、材料等から、

一旦日経平均先物を売りに出してみたいと思います。現在は21000円。

21200円ロスカット厳守でいきます。

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ