【2020年】目まぐるしく変わる相場に対応する戦略と新規注目/推奨株(売買コメント追記)

本日は、毎年政府介入の少ない波乱の大発会を終えて、

地学リスクで原油の上昇をさせ、有事のドル買いと債権買いをさせた後に、

本日、午前4時に今年の金融緩和1回を示唆するニュースで持ち直したNYダウはプラス転換で高値引け。

【米追加利下げ観測、イラン問題で強まる-ただし回数は1度だけ】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-06/Q3OZKKDWLU6K01?srnd=cojp-v2

金融緩和は米ドルの供給を世界で増やす事より、リスクオンにさせる事で債権が売られ大幅に国債の長期金利上昇となっています。

【重要な関係よりこれだけ覚えておいて下さい】
米国債売り=長期金利上昇(3%で危険、4%レッドゾーンです。現在、1.811%)
※債権市場では、イラン問題でブレーキかけて、金融緩和を示唆するアクセルとブレーキを同時に踏むイメージの株価を下げたくない操作がかなり頻繁に見られています。

【世界の株価】
https://sekai-kabuka.com/

➡日経平均は、短期的にリバウンドを見に行くと想定されますが、コラムで書いてるアイランドリバーサルの窓埋めが出来るか?のポイントとなります。(日経平均は、23656円まで上昇すれば窓埋め達成となります。)

【日経平均先物】
日経平均先物は、23300円、23600円に大きな壁があるので、上抜けできるかがポイント。
https://n225chart.com/niy.html

 

本日も、新規注目銘柄と推奨株を追加と入れ替え、本日の売買コメントと利食い(ロスカット)条件追記しておきました。

幾ら利益が出ていても、尾っぽと天井はくれてやれの、2度に分けての利食い、ロスカットを徹底すればトータル大きく勝てますので頑張って行きましょう!

【現在の注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
お試し会員登録すると、初回1ヶ月無料で続きを見ることが出来ます。
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ