【2020.1.10本日の注目株/推奨株及び投資戦略レポート】

お疲れ様です!

昨日は、暗黒の木曜日に注目の集まったトランプ大統領の軍事行動/発言が無かった為、

地学リスクは後退、急騰していた金・ビットコイン(BTC)・米国債買いなどは一旦収まった形で、

日経平均・ドル円ともに上昇して、日経平均は先物売り仕掛けの買戻しを誘う買い優勢の「フラッシュ・アウト」現象でSQを迎える事になりそうです。

報復攻撃しなかった理由は、単に『選挙は戦争より大事』だからでしょう。

<トランプ氏はなぜイランと開戦しないのか?>
https://jp.sputniknews.com/reportage/202001106999278/

通常のトランプ節なら、米軍を攻撃したら全施設に攻撃すると明言していると直ぐ行動に出ていたはず。

この現状から、目先地学リスクはやるやると言いながら先伸ばしとなる様相となりそうです。

相場は一気に、リスクオフの円高から逆流の円安のリスクオン相場となっており、

買い優勢の局面。

当面の日経平均は、23000円~24000円のボックス相場となりそうです。

※ボックス相場は、上に抜ければ買い。下に抜ければ売りが基本姿勢です

大型は、本命数名柄以外は相手にせずに、小型の短期値幅取りで利益を稼げるボーナス相場が続きそうです。

特に、現在狙っているような大底圏の初動銘柄は最もリスクが少なく、短期でのリターンが大きいので、

小型株・時価総額低い銘柄・浮動株比率少な目・材料有りを兼ね備えた銘柄群を狙って行けば、

短期で大きな利益を取れる局面。

ちなみに、今年に入って推奨株や乱高下の日経予想が、8割以上のペースで的中してる状態。

この調子で、利益は取れる内に取っておくのが相場の基本ですので、荒稼ぎしておきましょう!

※新規銘柄のコメント/ロスカットポイント/買いサインなどコメント追記しておきました。

【2020.1.10現在の注目株/推奨株】

<注目銘柄(押し目狙い、買いサイン待ちなど)>

この記事は有料会員限定です。
お試し会員登録すると、初回1ヶ月無料で続きを見ることが出来ます。
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ