【2020.1.24本日の相場戦略及び注目株/推奨株】

お疲れ様です。 フィデリア藤崎です。

昨日に予想していた通り、750の壁(日経平均先物23750円)を下抜けて下落相場鮮明となってます。

下値目安は、23500円(節目).23300円(下値の窓埋め).23170円(75日MA)が下値目途を想定。

明日は、トランプからのEU関税を表明後のECB(欧州)ドラギ議長の会見が日本時間の午前相場中にあり、

乱高下も予想されます。

夜間先物は、23605円まで一時下落から回復はしていますが。。

https://n225chart.com/niy.html

市場は、円買い>ドル買い>ユーロ売り のリスクオフの構図より、ブレグジットが迫ったドラギ議長の発言次第で、

大きく動くと予想されます。

本日は、大きく下落した場合は下落ポジションを利食い体制としつつ、ドラギ議長の声明での相場反応を見直したい局面。

株価は下がった方が上がりやすい事から、良い調整となる公算の方が高いと予想します。


本日場中の欧州ECBのドラギ議長の会見に注目です!(日本時間:AM10時前後の予定)

【日経平均予想】

短期的には、日経平均が4度目で超えられなかった24100円が天井と断定して、

短期下落局面を想定するタイミングと判断しています。

日経先物は下落で、日経平均の相場中に何度もサポートされて来た23800円台を割ると一気に下落のバイアスが掛かる事から、日経平均株価には要注意したい局面は続きそうです!

週足の5週MAの23880円を下回っており、下抜けすると節目の23500円、75日MAの23150円を試しに行く可能性も十分あると予想しています。

EU関税問題は、米国の諸事情を考えると苦肉の策とも言えると思うので、

英国EU離脱(ブレグジット)を挟む、数日以内に大きな下落があってもおかしくないと予想しておきたい局面です。

相場は下落でも大きな利益を上げられる投資は数多い(下落の方が上昇より早い為、大きな利益は出やすい)ので、

一部、リスクヘッジ系ポートフォリオを入れる事で、大きな下落でマイナスとなる所をマイナスを少なくできたり、下落のみに掛けてると大きな利益に変える事も可能です。

相場は、上がったものは下がるという基本概念から、売りを犬猿する方もいますが、逆に売りをマスターすれば大きな資金力/経済力を付けられるスキルアップになると弊社では推奨しております。

 

【2020.1.24本日の注目株/推奨株(本日、乱高下の有り、リスクヘッジ銘柄はコピーしておいて下さい!)】

<注目銘柄(押し目狙い、買いサイン待ちなど)>

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ